放置自転車の社会的問題点【元競輪選手・土田氏】

放置自転車の社会的問題点【元競輪選手・土田氏】

監修 土田仁志  2020/02/12 

 

 要約

 昨今、自転車に注目が集まっている。社会的変革期にあたる2020年において、在宅ワークなどが主流となる時代で、体力の維持や病気予防など健康面などに自転車に乗る方が多くなってきている。

自転車は排気ガスを出さないこともあり、環境や経済的にもとてもクリーンなアイテムですが、便利で安価な反面、自転車を放置して捨ててしまう方も多い。

 今後ますます自転車や原付バイクの利用が増加するといわれており、放置自転車された自転車や原付バイクの問題は深刻である。

 

 放置自転車の撤去には税金が使われている

 日本の放置自転車は減少傾向にあるが、自治体の対策強化の成果であるといわれている。

しかし、放置自転車の撤去のために、保管所の建設・撤去費用・保管費用・処分費用などにかかる費用は、近年では150億円以上とされている。

 

 公共機関近辺や住宅など街並みを快適で美しい状態にする

 放置自転車撤去ドットコムでは民間企業でありながら、独自に収集したデータで最先端の技術を活用して放置自転車の問題にコミットしています。

 

 放置自転車の撤去に費用を払うのは違法です

 ネットなどで検索したときに、放置自転車や放置バイクの撤去に費用を求めるケースが多いですが、一般家庭から発生する廃棄物(費用を払う資源として説明)に費用を請求するのは廃棄物処理法に違反します。

良くある話で、【古物商がある】【収集運搬の許可がある】などと偽り、費用を徴収する業者もいます。

一般家庭から廃棄物の処分の委託を受ける場合に必要な許認可は【一般産業廃棄物収集運搬業】になります。

業者だけでなく、排出者であるお客様も責任を問われる場合もございますので、お気を付けください。

※民間の場合になります。また、各地方自治体条例によりこの限りではありません。

 

【完全無料】放置自転車や放置バイクの撤去はお任せください。

 

放置自転車撤去ドットコム

 

ご意見・お問合せフォーム

    放置自転車撤去ドットコム

    放置自転車撤去ドットコム

     

    撤去可能地域