真鍮スクラップってなに?

 

 もしかして「真鍮の買取価格」についてお探しですか?

 

 

真鍮スクラップってなに?

 

黄銅(こうどう、おうどう[1]: brass)は、亜鉛合金で、

特に亜鉛が20%以上のものをいう。真鍮(しんちゅう)と呼ばれることも多い。

※簡易的に「真中」と省略する場合もあります

 

 真鍮(黄銅スクラップとは?)

 

真鍮の特性・物性

 

最も一般的な黄銅は、銅65%亜鉛35%のものである。

また、銅と亜鉛の割合によって物性が変化する。JISでは銅合金として扱われ、材料記号は頭文字Cで始まる4桁記号で表される。下記に例を示す。

 

C2600:七三黄銅(銅が約70%、亜鉛が約30%) イエローブラスとも言う。
C2801:六四黄銅(銅が約60%、亜鉛が約40%) 黄金色に近い黄色を示す。
C3604:快削黄銅(銅が57.0-61.0%、鉛が1.8-3.7%、鉄が0.50%以下、鉄+錫が1.0%以下、亜鉛は残部) 被削性を高めるために鉛を添加している。
C3771:鍛造用黄銅(銅が57.0-61.0%、鉛が1.0-2.5%、鉄+錫が1.0%以下、亜鉛は残部)
C4600台:ネーバル(naval)黄銅(海軍黄銅とも言う) 錫(すず)を添加し耐海水性を高めたもの。
CAC201:黄銅鋳物1種

 

一般的に亜鉛の割合が多くなるにつれて色が薄くなり、少なくなるにつれて赤みを帯びる。

亜鉛の割合が増すごとに硬度を増すが、同時に脆さも増すため、45%以上では実用がない。いずれの黄銅も展延性に優れており、よく冷間加工で使用される。

適度な硬さと過度ではない展延性によって、旋盤やフライス盤などによる切削加工が容易で、なおかつ価格もほどほどなので、微細な切削加工を要求される金属部品の材料としての使用頻度が高い。

 


 このページを読まれた方はコチラも見ています

 

 真鍮・砲金スクラップの種類一覧


砲金【青銅】とは?
バルブ砲金とは?
水栓メーター・水道メータースクラップまとめ
 ≫砲金メーター(水道メーター)とは?
 ≫ビスマス砲金(水道メーター)とは?
 ≫エコブラス砲金(水道メーター)とは?
山行砲金とは?
真鍮棒コロとは?
真鍮コロとは?
真鍮線コロとは?
メッキ砲金とは?
込真鍮とは?
シュレッダー真鍮とは?
山行真鍮とは?
高力真鍮とは?
がいし付き真鍮とは?
真鍮メダルとは?
プラ付き真鍮とは?
真鍮粉とは?
真鍮ワイヤーカットとは?
鍮ラジエーター(エバポレーター)とは?
真鍮セパとは?
真鍮コーペルとは?
弾丸真鍮(薬莢屑)とは?

 

 

  この記事について(著者情報)

 金属リサイクルの専門家として金属スクラップを取り扱う神田氏と山崎氏が解説しています。

≫神田氏のTwitterリンク

≫山﨑氏のTwitterリンク