実質歩留まりと計算歩留まり

 

電線系一覧へ戻る

 

様々な電線を取扱いしています。

 

実質歩留まりと計算歩留まりとは?

 

実際に測定したときの歩留まりと、加工した際に実質的に発生する歩留まりは違います。
 
具体的には剥線(はくせん)で線を剥く加工をする場合と、ナゲット処理による加工をする場合に歩留まりは 大きく変わります。
 
剥線加工は半手動ですが、ナゲット処理は大半を機械による加工に依存しているため、歩留まりの割合(計算値)は低くなります。
 
 

 

近年では技術の発達から機械の精度は大きく向上していますが、本来の計算歩留まりが出る機械はまだまだ課題のようです。 

 



 

 

 被覆電線・雑線とは?

 

  この記事について(著者情報)

 金属リサイクルの専門家として金属スクラップを取り扱う神田氏と山崎氏が解説しています。

≫神田氏のTwitterリンク

≫山﨑氏のTwitterリンク