スクラップ(scrap)ってなに?

 


 スクラップの買取価格についてお探しですか?

 


 

 

 スクラップ(scrap)とは?

 

細切れ、細切れにする、細切れになってしまったという状態を意味する英語です。

今回ご紹介するのは特に金属製品の廃棄物や、金属製品の製造工程で生じる廃金属に付いて説明します。

俗語用法として、大きく損傷したり、修理再生の見込みがなくなった機械製品を指して、“スクラップ”と通称することがある。

 

 

 スクラップの再利用

 

鉄、アルミニウム、銅、鉛、バッテリー、真鍮、電線、などのスクラップは回収して、当該金属の新たな原料として再利用されます。

循環型社会を進める上でスクラップの再利用は重要な役割を果たしています。

鉄を中心に複数の非鉄金属やプラスチック、ガラスなどが入り混じったものを雑品スクラップと呼び、処理に手間がかかったり、再利用して作った製品の質が低下したり、再利用できない廃棄物が多く残ったりする事は今後の課題と言えるでしょう。

 

 


 ≫コチラの記事も読まれています

 


 

 

 関連記事

 

 環境・SDGs関係記事

 

 関連企業