実質歩留まりと計算歩留まり

 

 もしかして「非鉄金属の買取価格」についてお探しですか?

 

 

電線系一覧へ戻る

 

様々な電線を取扱いしています。

 

実施歩留まりと計算歩留まり

 

実際に測定したときの歩留まりと、加工した際に実質的に発生する歩留まりは違います。
 
具体的には剥線(はくせん)で線を剥く加工をする場合と、ナゲット処理による加工をする場合に歩留まりは 大きく変わります。
 
剥線加工は半手動ですが、ナゲット処理は大半を機械による加工に依存しているため、歩留まりの割合(計算値)は低くなります。
 
 

 

近年では技術の発達から機械の精度は大きく向上していますが、本来の計算歩留まりが出る機械はまだまだ課題のようです。 

 



 

滋賀県金属買取の神田重量金属株式会社
滋賀県金属買取の神田重量金属株式会社
滋賀県金属買取の神田重量金属株式会社

 

トップページ

 

 被覆電線・雑線とは?


家電線【弱電線】
va線【fケーブル】
家電ハーネス【弱電ハーネス】
ハーネス線【自動車ハーネス】
シュレッダーハーネス
アルミ線
鉄線・鋼線
カラー線【単線】
通信線
吊り線【鉄付き線】
50%線【太線】
60%線【65%線】
皮銅【皮付き配管パイプ】
75%線【80%線】
銅帯線
レール銅
鉄管線【鉄巻き線】
剥線【線剥き】
ナゲット加工
歩留まりとは?
実質歩留まりと計算歩留まり
ナゲットの母材の種類

 

金属リサイクル関連一覧

 

 銅の解説動画はコチラ


 

 金属リサイクル関連内容


金属の売り方や問題点やトラブルを解説
金属スクラップを高く売る6つのポイント
非鉄金属ってなに?
鉄・鉄屑ってなに?
スクラップってなに?
銅スクラップってなに?
真鍮スクラップってなに?
アルミニウムってなに?
ステンレスってなに?
電線スクラップってなに?
鉛スクラップってなに?
バッテリースクラップってなに?
コモンメタル
ベースメタル
関西金属買取
滋賀県金属買取

 

トップページ

LINE

Twitter

ブログ一覧

 

滋賀県金属買取の神田重量金属株式会社

 

  この記事について(著者情報)

 金属リサイクルの専門家として金属スクラップを取り扱う神田氏と山崎氏が解説しています。

≫神田氏のTwitterリンク

≫山﨑氏のTwitterリンク