1. HOME
  2. ブログ
  3. 中の人ブログ
  4. 金属スクラップの昔話

記事一覧

ブログ

中の人ブログ

金属スクラップの昔話

 

 金属スクラップが一番儲かっていた時代

 

2008年07月3日、この年、7月の銅建値は98万円でスタートしており、

二日後の7/3には2万円上げの伝説の銅建値100万円を記録しました。

銅建値の仕組みが始まって最高値であり、鉄くずが60円だったり、

他の非鉄金属も今では信じられない価格でした。

 

但し、同年2008年12月22日最終銅建値更新は31万円です。

この時、廃業されるスクラップ業者も多かったようです。

ちなみに有名な話、この年は2008年北京オリンピック(2000/08/08~2000/08/24までの17日間)があり、

中国経済効果といわれています。

 

 

 この時に一番儲かっていたのはじつは

 

今でこそバーゼル条約使用済み有害機器に関する規制(小型家電)など、

法整備が整い取扱は不可となりましたが、

【家電雑品】が一番儲かっていたのではないかといわれています。

 ≫バーゼル条約・バーゼル法とは?

 ≫使用済み有害機器に関する規制

 

家電雑品が一番利益率が高かった理由とは?

 

 

 金額が高く、どこにでもあり、検収が緩かった

 

当時の価格帯でいえば、岸壁価格で家電雑品は45円~50円ほどで売買されており、

一般的にどこにでもある家電商品だったこともあり、

いわゆる「無料回収」「廃品回収」が横行していたのもこの時期です。

 

絶頂期はブラウン管のテレビ冷蔵庫なども家電雑品として売れており、

特にブラウン管のテレビは大人気でした(単純に重いから)

※ちなみにそのもっとも昔は北朝鮮へ輸出されていましたが、その話は今度。

 

そして最大の点は、検収が緩かったことです。

当時の家電雑品は、ガラスなどが半分くらい混入していても普通に売買されており、

まさにゴミが売れるという時代でした。

※当社は非鉄金属屋ですので関係ありません

 

そんな時代も10年ほど少しずつ規制や禁止事項が広まり、

現在では完全に禁止されています。

 

 

 2021年は銅相場が高いスタートですが

 

いわゆる”当時”の金属スクラップ経験者は忘れかけているかもしれませんが、

価格が極端に上がった今、一度当時を思い出してみてはいかがでしょうか

当社も危険意識は忘れないようにしたいと思います。

 

 

この記事は当時を知る非鉄金属スクラップに20年以上関わる金属リサイクル会社の創業者にお聞きしました。

 ≫この記事内容をご参考にした創業者のTwitter

 

 

 金属スクラップの関連記事はコチラ

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事

翻訳: translation

本日のアクセス数

  • 447,408 人

公式Twitter

金属スクラップの最新相場情報

金属スクラップリサイクルブログ、金属スクラップ図鑑、金属買取業者一覧、滋賀県非鉄金属買取の神田重量金属株式会社

環境・SDGs関連の研究

環境問題を研究、金属スクラップ図鑑、金属買取業者一覧、滋賀県非鉄金属買取の神田重量金属株式会社

【法人向け】スクラップ以外の中古機器出張買取

中古機器や不用品の出張買取、金属スクラップ図鑑、金属買取業者一覧、滋賀県非鉄金属買取の神田重量金属株式会社

フレコン・トンバック販売

フレコン販売、中古フレコン買取、スクラップ買取、神田重量金属株式会社、非鉄金属リサイクルブログ

金属図鑑【スクラップなど500種類以上を記載】

属の種類を調べる、金属スクラップ図鑑、金属買取業者一覧、滋賀県非鉄金属買取の神田重量金属株式会社

奈良県金属買取|エフエムメタル

奈良県金属買取のエフエムメタル

非鉄金属の歴史とリサイクルの始まり

非鉄金属の製品用途と国内使用量データ

非鉄金属の属性と国別輸入量データ