古物商について

古物商について

古物商(こぶつしょう)は、古物営業法に規定される古物を業として売買または交換する業者・個人のことである。

なお、古物をレンタル、リース等する場合であっても、顧客に貸与し、

または顧客から返還を受けることが同法の「交換」に該当し、古物商に該当する。

扱うものによって、中古自動車や中古パソコンなどの販売・レンタル店や

「金券ショップ」「リサイクルショップ」「リユースショップ」などといわれるものがある。

盗品の売買または交換を捜査・検査するために、

営業所を管轄する都道府県公安委員会(窓口は警察署。生活安全部が担当する)の許可が必要になる。

従って、中古車販売・リース店や、リースの終了(リースアップという)した中古パソコンや

計測機器などを販売・転リースするリース会社などは、古物商の許可を得ている。

許可を受けると、固い厚紙に布張りした二つ折り黒または青表紙の手帳型許可証(通称「鑑札」)が交付される。

鑑札番号、許可公安委員会、許可を受けた物の種類、

被許可者氏名または屋号を入れて店頭に掲げておく許可票は、自作するか専門の業者に頼み製作してもらう。

 

 


 併せて読みたい、


 【金属屑業許可】

 【リサイクルショップ開業方法】

 【金属買取業者の開業方法】


 


 


 


 

 取得方法

都道府県の近くの公安委員会(警察署)で申請が可能である。

自力でも取得難易度は低いが、司法書士などに頼んだ場合でも安価なため、

業者に依頼する場合も多い。


  参考リンク:司法書士リガーレ