1. HOME
  2. ブログ
  3. 金属の種類
  4. 銅と鉄の違い(見た目で見分けがつかない素材)銅相場情報

記事一覧

ブログ

金属の種類

銅と鉄の違い(見た目で見分けがつかない素材)銅相場情報

 

 

 銅に見える鉄や鉄に見える銅が存在します

銅に見える鉄くず|非鉄金属買取の神田重量金属株式会社

上記のような銅線に見えるスクラップ、じつは

鉄くずに銅メッキをしてあるだけなんです!

銅スクラップに混入すると、全体の評価が落ちて金額が下がってしまいます

 

 

 いったいどんなものについているのか?

真鍮に鉄|非鉄金属買取の神田重量金属株式会社

 消防ホースなどの連結に使われる真鍮とホースをつなぐ部分を金属金具で止めてありますが、この部分

見た目は銅ですが、ほぼほぼ鉄でできています。

真鍮を取り出すために解体した際、発生します。

他にもパターンは有りますが、今回はたまたま工場にあったのでご紹介します。

 

それでは判別方法について

 

 基本的な方法は3つ

銅スクラップ・鉄くず|非鉄金属買取の神田重量金属株式会社

・磁石を当てて磁器を確認する

これが一番簡単でシンプルな方法です。ただし

磁気帯びの銅もあるので注意が必要です。

 

・削ったり切断して、断面を確認する

削ったり、切断したあとの断面が銅の色(赤)か鉄の色かを確認できます。

 

・曲げてみる

じつはこれが一番早いのですが、銅は柔らかいのでふにゃふにゃ曲がりますが、

鉄系の素材の場合、少し硬いので、慣れればすぐに判別できます。

 

 銅を高く売るには品質が必須

銅スクラップ|非鉄金属買取の神田重量金属株式会社

非鉄金属の中でも特に銅スクラップは、手をかけるほど価格が上がります。

せっかく売るのであれば、少しでも高く売りたい方も多いはず。

少しの知識と手間で、銅活?金属スクラップを少しでも高く売りましょうという記事でした。

 

終わり

 

 あわせて読みたい真鍮と砲金の見分け方

 

 

 スクラップを高く売る方法まとめはコチラ

 

 

 金属スクラップを詳しく解説動画【YouTub】

 

 

 

 関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事