1. HOME
  2. ブログ
  3. SDGs関係
  4. 雑品屋とは?

記事一覧

ブログ

SDGs関係

雑品屋とは?

金属スクラップにおける雑品屋について


雑品屋の定義は広く、金属スクラップの業種の中でも特に「何でも取り扱うスクラップ屋」になります。

雑品屋は雑品スクラップをメインで取り扱うのではなく、コンビニなどのように幅広い品目の買受を行うサービスと言えるでしょう。

 

扱う品目は鉄や非鉄はもちろん、中古商品も海外へ輸出できる製品も扱います。また、鉄屑と非鉄金属が混合された金属(ミックスメタルを含む)を雑品として取り扱います。

 

 お客様視点によるメリットデメリット


 ◇メリット

・気軽に持っていきやすい、小規模店舗が多い。

・幅広い品目を一度に任せられる、金属買取業者が買わないものでも買ってくれる場合がある。

・身バレ防止(金属の売買には身分確認が必要ですが、確認作業をしない業者が多い)

 ◇デメリット

・幅広い品目を扱うため、鉄くず・非鉄金属などの専門業者よりも安い

・単価や重量が担保されていないケースが多く、スクラップダウンすべき物も中古として流出することが多い。

・古物台帳が不鮮明の場合が多く、様々なトラブルに巻き込まれる場合が多い。

 


 お客様が金属の売却を考える時、様々な理由で売却されます。

不要になったから、高く売りたいから、こっそり売りたいから、スクラップとして廃棄しなくてはいけないから。。。

金属を売る時は一番便利なサービスを使うのが、お客様にとって一番ですが、

少しだけ

環境のことや、持続可能な社会、未来に向けたリサイクルを目指しませんか?

 

トップページ

ブログ一覧

 


 このページを読まれた方はコチラも見ています

 


  関連内容

非鉄金属ってなに?
鉄・鉄屑ってなに?
スクラップってなに?
銅スクラップってなに?
真鍮スクラップってなに?
アルミニウムってなに?
ステンレスってなに?
電線スクラップってなに?
鉛スクラップってなに?
バッテリースクラップってなに?
コモンメタル
ベースメタル
アームロールってなに?
廃品回収業者ってなに?
軽トラで回収してる業者ってなに?
金属買取業者の選び方
金属の売り方
リサイクルショップと金属買取業者の違い
リサイクルショップの開業の仕方
金属買取業者の開業の仕方
古物商について
金属屑業について
使用済み有害機器について
廃棄物の処理及び清掃に関する法律

 

トップページ

LINE

Twitter

ブログ一覧

 

 

  この記事について(著者情報)

 金属リサイクルの専門家として金属スクラップを取り扱う神田氏と山崎氏が解説しています。

≫神田氏のTwitterリンク

≫山﨑氏のTwitterリンク

 

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事

翻訳: translation

本日のアクセス数

  • 342,164 人

公式Twitter

金属スクラップの最新相場情報

金属スクラップリサイクルブログ、金属スクラップ図鑑、金属買取業者一覧、滋賀県非鉄金属買取の神田重量金属株式会社

環境・SDGs関連の研究

環境問題を研究、金属スクラップ図鑑、金属買取業者一覧、滋賀県非鉄金属買取の神田重量金属株式会社

【法人向け】スクラップ以外の中古機器出張買取

中古機器や不用品の出張買取、金属スクラップ図鑑、金属買取業者一覧、滋賀県非鉄金属買取の神田重量金属株式会社

フレコン・トンバック販売

フレコン販売、中古フレコン買取、スクラップ買取、神田重量金属株式会社、非鉄金属リサイクルブログ

金属図鑑【スクラップなど500種類以上を記載】

属の種類を調べる、金属スクラップ図鑑、金属買取業者一覧、滋賀県非鉄金属買取の神田重量金属株式会社

奈良県金属買取|エフエムメタル

奈良県金属買取のエフエムメタル

非鉄金属の歴史とリサイクルの始まり

非鉄金属の製品用途と国内使用量データ

非鉄金属の属性と国別輸入量データ