1. HOME
  2. ブログ
  3. お客様向け
  4. 【2021年】週刊スクラップニュース#4

記事一覧

ブログ

お客様向け

【2021年】週刊スクラップニュース#4

↑新しいアイコンができました!(作成者:B.G氏

 

 

 1月は小動きだった銅建値

※この記事は2021/01/30に書いています。

1月の最終週は銅建値の変更無し、下げ余地のまま87万円維持でした。

銅の入荷自体は1月末まで変わらず多かったですが、月の平均値は87万で一致で1月は終わりました。

 

中国ではすでに春節モードでのんびりとした雰囲気も広がってきました。

今年は特に閑散期のような状態になるのではないでしょうか?

 

 関東と関西でギャップがすごい

Twitterなどを見ているとわかりやすいのですが、鉄スクラップ関連で多い気がします。

非鉄スクラップもしかり、関東と関西の値段差もそうなんですが、そもそも相対的に”売れない”状態になっているそうです。

主な要因としては電力不足が囁かれていますが、本当にそれだけなのでしょうか?

 

 春節明けの予測

スクラップ需要は高く、ワクチンの一時的な話題がある、という一般的な内容は今度にしましょう。

電気自動車による普及で鉄相場が上がるのか?という話がありましたので、より具体的に考えを述べます。

まず、スクラップの相場が上がる際に必要になる条件は、製品需要が拡大するという需給バランスの話が基本になります。

「製品の置き換わりによる需給バランスの変化による資源相場の動き」から考えると、置き換わりであれば相場に大きな影響は与えません。

つまり、新規製品として電気自動車が再定義されるのであれば新需要として資源相場があがる、ということになります。

でもしょせん相場は様々なマネーで動きます。現在の相場のように危険なゾーンも起こりえるので、実態相場と実質的な価値は必ずしも一定しないそうです。

上がるだろう、下がるだろう、は結局感覚的な予想でしかありませんが、私個人的には短期中期的には強いと思います。

 

 

 今週の金属スクラップ相場情報

 

 銅相場

1月は銅建値87万で着地、発生自体は悪くない状況です。

2月のスタートは変わらずでスタートするのではないのでしょうか?

2月スタートは1万下げ

 

 ニッケル・ステンレス

2月は少し下げのスタートではないのでしょうか?相場は強いですが、少し下げのようです。

 

 アルミニウム

2月は下げスタートがほぼ確定しています。具体的な下げの数字は1週目の半ばくらいになるのではないでしょうか。

今年はアルミは面白い動きをしそうですね。

 

 鉄スクラップ

国内は電力問題からメーカー買い控えによる相場下落、もう少しさがるのでは?

需要面、海外オファー面自体は強いです。

 

 

 今月の注目!必見記事はコチラ

 

 金属スクラップの関連記事はコチラ

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事