歩留まり

 

電線系一覧へ戻る

 

様々な電線を取扱いしています。

 

 歩留まりとは?

 

1,000㎏の電線の内部に何割の中身(の部分)が あるのか?という意味です。

例えば60%の歩留まりの線があった場合、

加工した ピカ銅込銅(金額でもよい)×60%=賞味歩留まり

という計算にもつかえます。 ※実際は加工費用をマイナスします。

 

 参考例:銅建値80万円で60%線を計算する場合

◇銅建値|800,000×0.9(ピカ銅の計算値は銅建値の90%)=720

◇720(ピカ銅)×0.6(60%の線)=432

◇金属スクラップとして買取をする場合、この数字をベースに加工賃や経費を計算します。

◇432(実質歩留まり)-50~(ナゲット加工、剥線加工費用、被覆の処分費用)=382~

 

基本的には上記のように計算出来ますが、線の種類により加工費用などが変動するため、実際は加味した計算が必要になってきます。

 

 


 歩留まりの記事はコチラ


 

 

 電線・雑線についての記事はコチラ

 関連内容

 

  この記事について(著者情報)

 金属リサイクルの専門家として金属スクラップを取り扱う神田氏と山崎氏が解説しています。

≫神田氏のTwitterリンク

≫山﨑氏のTwitterリンク