1. HOME
  2. ブログ
  3. SDGs関係
  4. 3Rとは

記事一覧

ブログ

SDGs関係

3Rとは

 

廃棄物を減らし、次の未来につなげるために

 

 廃棄物やごみを減らし、次につなげるために大切な3つのRがあります。

3Rには順番も大切にされていて、リデュース(Reduce)➡ リユース(Reuse)➡ リサイクル(Recycle)となっております。

 

3Rを具体的に解説

 

3Rはリデュース(Reduce)、リユース(Reuse)、リサイクル(recycling,recycle)の3つのRをまとめた概念です。
英語で表記した際に全ての頭文字がRになることから、「3R(スリーアール)」と呼ばれるようになりました。

 

リデュース(Reduce)は減らす(へらす)の事を指し、「大は小を兼ねる」ということではなく、「小で可能なら小で済ます」という概念です。

ただし前提として、エネルギーの使用率を減らし、資源の使用を減らす、この二つを両立させることが必要になります。

製品や物品の寿命を極力長く使う、製品の買い替えではなく部分的な交換で継続して使用できるように製品をつくることもリデュースの概念からは必要になる(生産側)。

 

リユース(Reuse)は再使用(さいしよう)の事を指し、一度使用された製品を、そのまま再利用することをいう環境用語です。

従来から、家族内や知人内での製品のお下がりや、地域内での不要品のバザー、あるいは廃品回収など、小規模のレベルでは行われてきたが、本格的な循環型社会の形成のためには社会構造的にリユースの流れを構築することが望まれています。

 

リサイクル(recycling,recycle)は、様々な場所から発生する廃棄物や有価物などから資源(エネルギーを含む)を回収し、【再利用】【再生資源】【資源の再生化】などで定義されています。

廃棄物等の再生利用は、資源の枯渇に関する問題に対応するために重要な役割を果たします。

 

3Rの歴史

環境、SDGsについて解説、金属スクラップ図鑑、金属買取業者一覧、滋賀県非鉄金属買取の神田重量金属株式会社

 

日本では2000年に環境省による循環型社会形成推進基本法が3Rの基本的な枠組みが整備されました。

具体的な内容としましては、産業廃棄物・リサイクル政策などの基盤が構築されています。

 

 3R循環型社会形成推進基本法が制定された理由


膨大な廃棄物の発生量をコントロールするとともに、最終処分場の確保が年々困難になっている問題を解決するために「大量生産」「大量消費」「大量廃棄」という流れから環境負荷が少ない「循環型社会」を形成することで持続可能な社会を目指すための取り組みが始まりました。

 

 3Rプラス「アップサイクルとダウンサイクル」今後の可能性


リサイクル、リユース、リデュースの3Rとは違う新しい概念、アップサイクル(英:Up cycle)とダウンサイクル(英:Down cycle)という言葉があります。

 

アップサイクル :ゴミや廃棄物、使用を終えて価値がなくなった資源や製品を使ってより新しい”価値”に変換して価値を高めることです。

ダウンサイクル :従来のリユースに近く、使用を終えた製品や資源を元々の価値より低いが、新たな使用価値を生み出すことを指します。

スクラップダウン:物や製品としての役目を完全に終え、ゴミや廃棄物とされている中に資源としてリサイクル(再利用)出来る場合、スクラップとして資源の循環をします。

※正確な概念的にはリユースの中に含まれます。

 

3Rの具体例

 

実際に一般の方や企業でも出来る具体的な3Rの取り組みや事例をまとめました。

 

消費者の場合

 

 リデュース(Reduce)


・保有している物品や製品を可能な限り長く使用する。

・詰め替えボトルやエコボトルを活用する製品を活用する。

・消耗品の使用を極力減らす。

 

 リユース(Reuse)


・捨てる前にフリマやリサイクルショップなどを活用する。

・不要になった製品を友人や周りの人に譲る。

・アップサイクルを活用して再利用する。

 

 リサイクル(recycling,recycle)


・資源ごみで捨てる前に資源買取業者へ売却する。

・スクラップダウンする前にもう一度リユースを考える。

・リサイクル製品やグリーン購入法物品を活用する。

 

事業者の場合

 

 リデュース(Reduce)


・自社製品の修理サービスなどアフターを充実させる。

・製品の耐久性を向上させ、容易に修理や修繕が可能な製品を作る。

・単一素材で製品を作り、スクラップダウン・リサイクルを想定する。

 

 リユース(Reuse)


・使用済みの製品を回収・修繕できる仕組みを作る。

・製品設計の段階でリサイクル可能である製品を計画する。

 

 リサイクル(recycling,recycle)


・使用後のリサイクルが容易な製品を作る。

・自社製品の使用済みアイテムを回収・リサイクルする。

・産業廃棄物を減らし、有価物でリサイクル効率を上げる。

 

3Rのまとめ

資源リサイクルについて解説、金属スクラップ図鑑、金属買取業者一覧、滋賀県非鉄金属買取の神田重量金属株式会社

 

廃棄物や使用済みの製品を捨てる(リサイクルする)場合、その責任は排出者(企業・個人)責任です。環境省などでも喚起されている通り、誰もが豊かな社会の実現を目指して適正な処理を行いましょう。
神田重量金属株式会社では、金属リサイクルの専門業者としてエネルギー効率とリサイクル効率を向上させることをミッションに、一般の方でも利用のしやすい「身近な金属買取業者」「近くの金属買取業者」として今後も努力を惜しまず前進していきます。

 

 

 ≫コチラの記事も読まれています

 

 

 YouTubeで金属リサイクルの専門解説をしています

 

 

 プロによるリサイクル関係の記事はコチラ

 

  この記事について(著者情報)

 金属リサイクルの専門家として金属スクラップを取り扱う神田氏と山崎氏が解説しています。

≫神田氏のTwitterリンク

≫山﨑氏のTwitterリンク

 

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事

翻訳: translation

本日のアクセス数

  • 342,164 人

公式Twitter

金属スクラップの最新相場情報

金属スクラップリサイクルブログ、金属スクラップ図鑑、金属買取業者一覧、滋賀県非鉄金属買取の神田重量金属株式会社

環境・SDGs関連の研究

環境問題を研究、金属スクラップ図鑑、金属買取業者一覧、滋賀県非鉄金属買取の神田重量金属株式会社

【法人向け】スクラップ以外の中古機器出張買取

中古機器や不用品の出張買取、金属スクラップ図鑑、金属買取業者一覧、滋賀県非鉄金属買取の神田重量金属株式会社

フレコン・トンバック販売

フレコン販売、中古フレコン買取、スクラップ買取、神田重量金属株式会社、非鉄金属リサイクルブログ

金属図鑑【スクラップなど500種類以上を記載】

属の種類を調べる、金属スクラップ図鑑、金属買取業者一覧、滋賀県非鉄金属買取の神田重量金属株式会社

奈良県金属買取|エフエムメタル

奈良県金属買取のエフエムメタル

非鉄金属の歴史とリサイクルの始まり

非鉄金属の製品用途と国内使用量データ

非鉄金属の属性と国別輸入量データ