1. HOME
  2. ブログ
  3. SDGs関係
  4. SDGs.6

記事一覧

ブログ

SDGs関係

SDGs.6

 6.安全な水とトイレを世界中に【SDGs】

 SDGsの目標6【安全な水とトイレを世界中に】の目標が必要な理由とその為に出来ることは?

SDGsの目標6【安全な水とトイレを世界中に】は国や自治体だけでなく、企業や個人を含めた様々なジャンルの取り組みが必要になります。

世界中の一人ひとりができることを考えていきましょう。

 

SDGsの目標6は、開始した取り組みを、2030年までにすべての貧困問題を解決することをゴールにしています。

 

 安全な水とトイレを世界中に

安全で安価な飲料水

2030年までにすべての人々の安全で安価な飲料水を平等なアクセスを達成する。

下水・衛生施設

2030年までに、適切で平等な下水施設と衛生施設へのアクセスを達成する。

リサイクル

2030年までに汚染の減少と有害な化学物質の投棄削減と最小限の排出を行い、リサイクルで再利用を世界全体で目指す。

持続可能な淡水の確保

淡水の供給を確保し、水不足に対処するとともに、水不足に悩む人々の数を大幅に減少させる。

水資源管理

2030年までに、国を超えて協力を持ち、全てのレベルでの総合的な水資源管理を実施する。

地域コミュニティ

水や衛星の分野で管理向上を目指す地域コミュニティの間かと支援を強化する。

 SDGsは17の持続可能な目標で安全な水とトイレを世界中にの解決を目指す

 

私たちが知らない世界のどこかでは、きれいな飲み水や食料が確保できていません。

飢餓や貧困を救るために活動する人々や団体は多数ありますが、活動を持続するためには人材や資金が不足しています。

少しづつでも、私たちができることを持続的に継続していきましょう。

 

 

 SDGs17の関連記事

 

 金属リサイクル関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事

翻訳: translation