1. HOME
  2. ブログ
  3. お客様向け
  4. 【2021年】週刊スクラップニュース#7

記事一覧

ブログ

お客様向け

【2021年】週刊スクラップニュース#7

 

 春節明けの2月も半分が過ぎた

※この記事は2021/02/20に書いています。

2月の3週目は銅建値更新が2回ありました。

2/15銅建値改定【92万】

2/17銅建値改定【94万】

銅の荷動きがどんどん良くなってきている気がします。非鉄金属は全体的に発生量は悪くないのではないでしょうか?

 

 

 

2021年の春節は【2月12日(金)から2月17日(木)】です。

 

 

 資源相場は変わらず強い(個人的主観)

3週目は銅建値更新が2度あり、さらに強含みの展開となっております。

数十年ぶりの銅建値100万超えもあり得ない数字ではなくなってきました。

 

 4週目は春節明けで相対相場も加速する

中国の旧正月も明けて、実際の相場と相対相場も加速していくのではないのでしょうか?

また、これから”見込み買い相対”による相場(値段や単価)も出てくると予想されますが、この状況だと2つの問題が出てきます。

①まだまだ上がるという見込みによる発生難

②荷物の取り合いによる発生難

企業により対応が異なるとは思いますが、今までの流れだと日本人系問屋は「追いかけない」中華ヤードは「ギリギリまで追う」な気がします。

ちなみに100万に近づいた時の市場予想は単価のチキンレースになるんでしょうね。

 

 

 今週の金属スクラップ相場情報

 

 銅相場

3週目は2回改訂があり、5万上げの改定がありました。さらに上を目指す展開を目指しつつあるので、4週目は強気な展開は変わらずかと思います。

 

 ニッケル・ステンレス

メーカーは裏値対応で強含み状況は継続しています。

 

 アルミニウム

今月段階的に上物を中心に下げの連続。メーカーからくる連絡=下げという予想通りの状況ですね。

 

 鉄スクラップ

3週目は何度か鉄屑の値段の上げがありました。関東と関西は完全に別市場になっていて、そこに海外相場が横やりが入ってくるというよくわからない状態。

 

 

 今月の注目!必見記事はコチラ

今月はあまり記事が書けませんでした。

 

 金属スクラップの関連記事はコチラ

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事