1. HOME
  2. ブログ
  3. お客様向け
  4. 【2021年】週刊スクラップニュース#8

記事一覧

ブログ

お客様向け

【2021年】週刊スクラップニュース#8

 

 春節明けの2月も半分が過ぎた

※この記事は2021/02/27に書いています。

2月の4週目は銅建値更新が1回ありました。

2/24銅建値改定【102万】

銅相場の上昇見込みから少し荷動きがタイトではあります。(というか、スクラップの値段が追い付いていない)

 

 

 

 

 

 資源相場は変わらず強い(毎週言ってますが)

2月は最大銅建値、平均値、スタート値に大きな乖離があったわけですが、3月からはスタート&平均値が高い位置から始まると思うので、さらにここからスクラップ相場を考えていく ” 時差 ” による問題がありますね。

 

 3月は一旦勝負所かもしれない

理由は大きく3つあります。

1つ目は少し過大評価されています。

2つ目は機関投資家による利益確定が予想される。

3つ目コモディティとして銅が目立ち過ぎている。

2番目が一番の要因になるのかもしれませんが、海外でも銅のポジションを持つ投資家のレポートなども見ていますが、かなり大きいです。

利益確定が容易なため、動き出す可能性は高いのではないでしょうか?

その場合、下げ幅としては3%~6%だと予想しています。

現物を取り扱う場合、注意が必要です。

 

 

 今週の金属スクラップ相場情報

 

 銅相場

2月は上がりっぱなしで始まりと終わりで大きな乖離があったため、本格的な動きは少なかったのではないでしょうか?

3月はスタートが高いので割とタイミングとしては有りだと思います。

 

 ニッケル・ステンレス

メーカーは裏値対応で強含み状況は継続しています。(というか、あまり動かない)

 

 アルミニウム

下げ止まりではないでしょうか。主に円安による恩恵もあります。

 

 鉄スクラップ

2月は少し上げの局面もありましたが、まだもう少し上がってもいいのかなとも思います。

 

 

 今月の注目!必見記事はコチラ

今月はあまり記事が書けませんでした。

 

 金属スクラップの関連記事はコチラ

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事