放置された自転車について

放置された自転車について

全国で放置された自転車の処理問題

平成30年3月の国土交通省の発表によると、各都道府県の市と主要都市の一定圏(全912市区町村)を対象に調査されました。

全国の放置自転車の状況、放置台数は6万台以上とされています。

これは駅周辺をメインに調査されており、商業施設やマンションなどはカウントされておらず、実際には数十倍といわれています。

現在、市区町村などで放置されている自転車の処理に対して税金が使われています。

・放置自転車対策業務費用
・放置自転車保管費用
・放置自転車撤去・処分費用

放置自転車の処理は民間の商業施設やマンションオーナーなど多岐にわたり莫大な費用をかけているケースが大半です。

目まぐるしく変化する経済環境の中、この問題に向き合うため、元競輪選手である土田仁志氏とグルーブ会社で社会問題の解決のため発足いたしました。

 

 

放置自転車の撤去の流れ


 

放置自転車に関する資料【無料でご利用頂けます】


 

廃棄自転車・放置自転車・廃棄自転車の買取価格


 

中古自転車の買取と販売の買取価格


 

放置自転車のお預かりサービス


 

ご注意事項について


 

 

撤去実績