1. HOME
  2. ブログ
  3. SDGs関係
  4. SDGs.12

記事一覧

ブログ

SDGs関係

SDGs.12

 12.つくる責任、つかう責任【SDGs】

 SDGsの目標12【つくる責任、つかう責任】の目標が必要な理由とその為に出来ることは?

SDGsの目標12【つくる責任、つかう責任】は国や自治体だけでなく、企業や個人を含めた様々なジャンルの取り組みが必要になります。

世界中の一人ひとりができることを考えていきましょう。

 

SDGsの目標12は、開始した取り組みを、2030年までにすべてのつくる責任、つかう責任を解決することをゴールにしています。

 

 つくる責任、つかう責任

消費と生産

持続可能な消費と生産に関する10年計画(10YEP)を実施し、先進国主導の下、全ての国々が対策を講じる。

持続可能な天然資源

2030年までに、天然資源の持続可能な管理と効率的な利用を達成する。

収穫後損失

2030年までに、小売りや消費レベルにおける世界全体の一人当たりの食糧廃棄を半減させ、収穫後損失などの生産における食品ロスを減少させる。

 廃棄物の発生防止

再生利用と再利用により、廃棄物の発生を削減し、発生も大幅に削減する。

企業による発信

特に大企業や多国籍企業などの企業は、持続可能な取り組みを導入し、持続可能性に関する情報を定期報告に盛り込むように奨励する。

国の優先事項

国内の政策や優先事項に従い、持続可能な公共調達の慣行を促進する。

持続可能な自然と調和

2030年までに、全ての人があらゆる場所で持続可能な開発と自然調和によるライフスタイルに関する情報と意識を持つ。

消費と生産の促進

開発途上国に対し、より持続可能な消費や生産形態の促進のために科学的、技術的能力の強化を支援する。

地方文化復興

雇用創出と地方の文化復興、特産品販促につながる持続可能な観光業に対して開発がもたらす影響を測定する手法を開発、導入する。

補助金の合理化

貧困層やコミュニティを保護する形で、開発に関する悪影響を最小限に留めつつ、各国の状況に応じて市場のひずみを除去することで、浪費的な消費を奨励し、化石燃料に対する非効率な補助金を合理化する。

 SDGsは17の持続可能な目標でつくる責任、つかう責任の解決を目指す

 

私たちが知らない世界のどこかでは、きれいな飲み水や食料が確保できていません。

飢餓や貧困を救るために活動する人々や団体は多数ありますが、活動を持続するためには人材や資金が不足しています。

少しづつでも、私たちができることを持続的に継続していきましょう。

 

 

 SDGs17の関連記事

 

 金属リサイクル関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事

翻訳: translation