剥線【線剥き】

 

 もしかして「銅や電線」の買取価格をお探しですか?

 

 

電線一覧へ戻る

様々な電線や銅を取扱いしています。

 

 

剥線【線剥き】とは?

 

剥線作業とは、被覆付きの銅線を50センチ~100センチほどにカットして、剥線機などの機械を使用し、1本づつ半人力により線を剥いて中身の銅を取り出すことです。剥線加工はスクラップの付加価値を大幅に向上させます。

また、剥線をする際に前処理のインサイズ加工(短く切る)がもっとも手間が必要になります。そのため、昔では大型のハンドニブラ(20㎏程の機械)を使用してカットするのが一般的だったが、技術の進歩により軽量化が進み、前処理の加工は容易となった。

 下記のような製品であれば、3万円程から購入可能となっている

剥線加工をするための機械本体価格も海外製で安価な物では5万~10万程度から入手できる機械もあり、日本製は100万を超える高価な機械もあるが、刃やモーターの消耗を考えると、海外製の機械の方が効率が良いいという業者も多い。環境負荷の面でも、今後調査を進めたいと思います。

 

 剥線機・クイックカッターの見積もりや資料請求

 


 便利なサービス一覧

 


 このページを読まれた方はコチラも見ています

 

 電線スクラップの関連内容


 

 

  この記事について(著者情報)

 金属リサイクルの専門家として金属スクラップを取り扱う神田氏と山崎氏が解説しています。

≫神田氏のTwitterリンク

≫山﨑氏のTwitterリンク