1. HOME
  2. ブログ
  3. SDGs関係
  4. 2021年7月の電線・真鍮関連バーゼル法規制強化

記事一覧

ブログ

SDGs関係

2021年7月の電線・真鍮関連バーゼル法規制強化

 

2021年7月より電線・ハーネス線・被覆電線等のバーゼル規制強化について

2021年7月の輸出予定分から上記の被覆線等バーゼル法の対象物として、規制が厳しくなるとの報告が入りました。

※同一規格の金属スクラップを出荷(輸出)する場合は被覆の分析は1件で問題ありませんでしたが、規格・色・種類などが異なる金属を合積みしている場合は、それぞれ種類ごとの分析が必要となります。

 

 資源スクラップの海外向け情報に関する話

7月以降のバーゼル法関連の事前相談で、電線の被覆に含まれるゴム・PVCに関する要求が厳しく、実行が不可能の為、事実上の輸出禁止という内容について

中国向けの輸出ルールが大きく変わり、97%以上の高品位商品しか輸出出来なくなりました。通関検査も厳しくなっており、商品をコンテナから全て出しての完全検査が行なわれています。

中国黄銅棒メーカーより中国向け真鍮、砲金類の通関注意点、禁止物品をまとめた資料を後日公開します。

仕入れの際に参考にしていただければ幸いです。

電線(自動車ハーネス)弊社の取引先の情報によると、環境省からハーネスの先に付いているカプラ(ヒューズBOXではなく、先頭の小さいもの)もプラに該当し、規制対象になる為、取り除くよう連絡が有ったそうです。

家電線、ハーネスを輸出する際は被覆以外のプラスチック類を取り除くことが要求されている為、今後付き物が多いと単価下げ・ダスト引きの可能性がありますので、ご注意ください。

この件に関しましてはいろいろ追加情報がちょこちょこ出てきますので、随時更新という形で行きたいと思います。

※注意して頂きたいのが、アナウンス情報→実行情報→実質は?的な話は置いての情報ですので、ご注意ください。

※これらの情報のバーゼル・通関に関する内容は、「日本側」の内容です。つまり内容通りであれば根本の部分であるため、本質的に事実上輸出禁止、国内回帰となります。

※マニアックな話ですが、マレーシア向けの抜き打ち検査の確率が他より高いとの事です。

 

 

バーゼル法変更点の【分析書類】について

 

【50%線被覆黒単体】

同一規格のものだけが積まれているので、分析は1件です。

 

【通信線被覆単体】

同一規格のものだけが積まれているので、分析は1件です。

 

【弱電線・混合】

色・太さ・種類が同一ではないため、種類ごとに分析証明書が必要となります。

※日本環境衛生センターの事前相談を行わずに輸出者責任において申告を行う場合、シップバック党の際にバーゼル法違反となる可能性が高いです。

 

【家電線・混合】

色・太さ・種類が同一ではないため、種類ごとに分析証明書が必要となります。

 

バーゼル法変更点の【禁止品目】について

 

【半銅ラジエター】

基板など従来禁止されていたもの以外、最近の税関で問題とされている金属スクラップです。

※1コンテナに対して5%までが許容範囲とガイドラインを作成している業者も多く、可能であれば500㎏未満に抑えるべき。

 

【水道メーター未解体】

基板など従来禁止されていたもの以外、最近の税関で問題とされている金属スクラップです。

※1コンテナに対して5%までが許容範囲とガイドラインを作成している業者も多く、可能であれば500㎏未満に抑えるべき。

 

【水道メーター色検収制限】

「申請金属の一般的な色」に対して色が目立つスクラップやハンドル部分自体が付いている物、ハンドルがカラフルな物など、真鍮スクラップ関連で近年問題となっている内容です。

※1コンテナに対して5%までが許容範囲とガイドラインを作成している業者も多く、可能であれば500㎏未満に抑えるべき。

 

【プラ付き・ゴム付きの検収制限】

「申請金属の一般的な金属」に対して、プラ・ゴム・鉄が付帯しているなど従来制限されている物以外で近年問題となっている金属スクラップです。

※1コンテナに対して5%までが許容範囲とガイドラインを作成している業者も多く、可能であれば500㎏未満に抑えるべき。

 

【プラ付き・ゴム付きの検収制限】

「申請金属の一般的な金属」に対して、塗装やペンキが付帯しているなど従来制限されている物以外で近年問題となっている金属スクラップです。

※1コンテナに対して5%までが許容範囲とガイドラインを作成している業者も多く、可能であれば500㎏未満に抑えるべき。

 

通常の蛇口系と通関カテゴリー

 

【真鍮ワイヤーカット:RCuZn-1B】

通常の水道蛇口系、込真鍮の通関カテゴリーアイテム。1ロット(フレコンorドラム缶等)全て同一種類の場合

※フレコンの数・種類ごとに申請の際に種類ごとの重量を明記する

 

【真鍮棒コロ等:RCuZn-1A】

通常の水道蛇口系、込真鍮の通関カテゴリーアイテム。1ロット(フレコンorドラム缶等)全て同一種類の場合

※フレコンの数・種類ごとに申請の際に種類ごとの重量を明記する

 

【真鍮板物など:RCuZn-1A】

通常の水道蛇口系、込真鍮の通関カテゴリーアイテム。1ロット(フレコンorドラム缶等)全て同一種類の場合

※フレコンの数・種類ごとに申請の際に種類ごとの重量を明記する

 

【真鍮板物など:RCuZn-3A】

通常の水道蛇口系、込真鍮の通関カテゴリーアイテム。1ロット(フレコンorドラム缶等)全て同一種類の場合

※フレコンの数・種類ごとに申請の際に種類ごとの重量を明記する

 

【真鍮メッキコイン等:RCuZn-2】

通常の水道蛇口系、込真鍮の通関カテゴリーアイテム。1ロット(フレコンorドラム缶等)全て同一種類の場合

※フレコンの数・種類ごとに申請の際に種類ごとの重量を明記する

 

【真鍮メッキセパ:RCuZn-2】

通常の水道蛇口系、込真鍮の通関カテゴリーアイテム。1ロット(フレコンorドラム缶等)全て同一種類の場合

※フレコンの数・種類ごとに申請の際に種類ごとの重量を明記する

 

一般・個人・業者・法人のお持込みや出張買取、大歓迎!神田重量金属株式会社

 

 

 

 スクラップ関連記事


非鉄金属ってなに?
鉄・鉄屑ってなに?
スクラップってなに?
銅スクラップってなに?
真鍮スクラップってなに?
アルミニウムってなに?
ステンレスってなに?
電線スクラップってなに?
鉛スクラップってなに?
バッテリースクラップってなに?
コモンメタル
ベースメタル
金属買取業者の選び方
金属の売り方
リサイクルショップと金属買取業者の違い
リサイクルショップの開業の仕方
金属買取業者の開業の仕方
古物商について
金属屑業について
使用済み有害機器について
廃棄物の処理及び清掃に関する法律

 

 環境・SDGs関係の記事を発信しています


3R(スリーアール)
リサイクルとは?
リユースについて
リデュースってなに?
0.SDGsってなに?
1.貧困をなくそう
2.飢餓をゼロに
3.すべての人に健康と福祉を
4.質の高い教育をみんなに
5.ジェンダー平等を実現しよう
6.安全な水とトイレを世界中に
7.エネルギーをみんなに、そしてクリーンに
8.働きがいも経済成長も
9.産業と技術革新の基盤を作ろう
10.人や国の不平等をなくそう
11.住み続けられる街づくりを
12.つくる責任、つかう責任
13.気候変動に具体的な対策を
14.海の豊かさを守ろう
15.陸の豊かさも守ろう
16.平和と公正をすべての人に
17.17のパートナーシップで目標を達成しよう

 

トップページ

LINE

Twitter

ブログ一覧

 

 

  この記事について(著者情報)

 金属リサイクルの専門家として金属スクラップを取り扱う神田氏と山崎氏が解説しています。

≫神田氏のTwitterリンク

≫山﨑氏のTwitterリンク

 

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事

翻訳: translation

本日のアクセス数

  • 447,432 人

公式Twitter

金属スクラップの最新相場情報

金属スクラップリサイクルブログ、金属スクラップ図鑑、金属買取業者一覧、滋賀県非鉄金属買取の神田重量金属株式会社

環境・SDGs関連の研究

環境問題を研究、金属スクラップ図鑑、金属買取業者一覧、滋賀県非鉄金属買取の神田重量金属株式会社

【法人向け】スクラップ以外の中古機器出張買取

中古機器や不用品の出張買取、金属スクラップ図鑑、金属買取業者一覧、滋賀県非鉄金属買取の神田重量金属株式会社

フレコン・トンバック販売

フレコン販売、中古フレコン買取、スクラップ買取、神田重量金属株式会社、非鉄金属リサイクルブログ

金属図鑑【スクラップなど500種類以上を記載】

属の種類を調べる、金属スクラップ図鑑、金属買取業者一覧、滋賀県非鉄金属買取の神田重量金属株式会社

奈良県金属買取|エフエムメタル

奈良県金属買取のエフエムメタル

非鉄金属の歴史とリサイクルの始まり

非鉄金属の製品用途と国内使用量データ

非鉄金属の属性と国別輸入量データ