1. HOME
  2. ブログ
  3. お客様向け
  4. 銅の買取価格の推移と今後の価格の予想

記事一覧

ブログ

お客様向け

銅の買取価格の推移と今後の価格の予想

 金属スクラップの売却手続きや買取価格をお探しですか?

 

 

銅の買取価格の推移と今後の価格予想

 

 日本での銅スクラップの取引価格は、ロンドン金属取引所(LME価格)を指標に、国内銅メーカーによって銅建値が決定されます。
 国内の銅建値は為替や円相場など、外的環境によって影響が大きく、随時変動しているため、銅相場を予測することは不可能です。
 また、非鉄金属リサイクルブログでは、銅建値の動きを推移グラフにして日々提供しています。

 

 

 銅の価格の推移と市場の動向


銅の価格は、世界経済の成長や後退を示唆する指標として注目されています。銅はボラティリティ(価格変動が大きい意味)が大きく流動性も高いためため、投資対象としてもトレーダーに人気の高い商品です。

銅のスポット価格は需給状況によりますが、採掘や輸送コストにも影響を受けます。

銅スクラップの価格推移は、ロンドン金属取引所(LME)での先物清算値をグラフ及び時系列表にて非鉄金属リサイクルブログでも公開しております。

2023年10月末時点での銅の先物価格は、1トンあたり約7,939.7ドル(約1,195.2円/kg)となっており、2022年から2023年にかけて平均値ベースでは相場環境では下落傾向にあります。

ただし、銅スクラップ相場は相対相場によっても変動するため、価格自体は上昇しており、現在や将来の価格変動については予測が困難であるとされています。

 

 銅の価格の推移と市場の動向


銅スクラップの買取価格は、銅の品質や純度、形状、数量、市場の需給状況、買取業者の基準などによって大きく異なります。

2023年11月20日現在のピカ一号銅(ぴかいちごうどう)の買取価格は、1㎏あたり約1,331円(税込)で、並銅(なみどう)の買取価格は、1㎏あたり約1,254円(税込)にて神田重量金属では買取しています。

 

 現在の銅の相場(価格)と近くの銅線買取店の情報


現在の銅相場と買取価格は下記のリンクよりご確認頂けます。

銅スクラップのリアルタイムな買取価格を掲載しており、表示価格は税込と税別を両方記載しております。

また、近くの銅線や銅スクラップの買取店につきましては、以下のリンクからエリアごとに各店舗の情報や買取価格をご確認頂けます。

 

 

銅スクラップの取り扱いと買取の方法

 銅スクラップの取り扱い品目は、金属スクラップ図鑑によると約58種類が記載されており、種類ごとに価格は異なります。

 

 銅スクラップの種類と買取可能な品目


種類の判別方法や取扱い方法につきましては、画像付きで下記よりご確認頂けます。

 

また、銅スクラップの買取の方法や流れについては、事前に価格の問合せをするによって、高く売るために有利となります。

何社かに相見積もりや価格問合せをすることもお勧めしています。

買取の流れや一般的な内容につきましては、下記よりご確認頂けます。

 

 銅スクラップの買取価格の算出方法


銅スクラップの価格は、LME銅から計算される国内銅建値が基準となっています。

銅建値の上下によって価格もある程度連動しております。

 

 銅スクラップの高価買取をするおすすめの業者


銅スクラップを高価買取している業者は全国でも多数存在すると思われます。

ホームページなどで価格を公開している業者や、実質価格を直接問合せをしてみることで確認が可能です。

非鉄金属買取の神田重量金属でも、ホームページでの価格記載はもちろん、LINEやお問合せフォームから査定や価格をお伝えさせて頂いております。

 

銅スクラップのリサイクルと環境への貢献

 

 銅スクラップは、銅資源(元に戻しすイメージ)の原料として再利用されます。銅スクラップのリサイクルにより、非鉄金属資源の循環的利用が推進され、地球環境、経済発展、及び循環型社会システムの構築に貢献しています。
 特に銅スクラップは、スクラップ価値や価格が高く、需要と供給により使用するユーザー(利用者)が揃っており、リサイクルの優等生と呼ばれています。

 

 銅スクラップのリサイクルの意義とメリット


銅スクラップのリサイクルは、環境に対する貢献が大きいです。持続可能な社会に向けて、銅はもちろんアルミ、鉄などの資源は使い捨てにできない金属です。

リサイクル・再資源化をすることにより、銅山(鉱山)を削ったり、自然環境を守ることにもつながり、焼却や埋め立てなどのゴミを減らすことが出来るため、環境にも地球にもコミットした方法です。

 

 銅スクラップのリサイクルによる資源の再利用


資源として回収された銅スクラップは、主にリサイクルすることを目的に買取・回収を行っています。

銅スクラップは電線や銅線など、銅としての純度が低い銅も含めて幅広いスクラップ原料として対象になります。これによって銅のリサイクル率を向上させ、より資源の有効活用をしています。

 

 銅スクラップのリサイクルによる資源の再利用


銅スクラップのリサイクルには、買取を行う手順として、主に古物業による取引内容と同様となっております。

売買を行う際には、個人や業者に関わらず、身分確認が必要となっています。

 

トップページ

LINE

Twitter

ブログ一覧

 

 

トップページ

 

金属スクラップの回収サービスの関連内容

 

 廃材の買取について

 

 金属回収サービスで錆びたりボロボロになった金属でも売れますか?

 

 リサイクルショップで高く売る為の方法(中古品全般を記載)

 

 【ゴミの捨て方シリーズ⑤】家電製品や電池の処分方法とは?売れる?

 

 汚れた鍋やフライパン、アルミ缶などは金属回収で売ることができる?

 

 金属スクラップを売ると税金の申告が必要?副業になる?

 

 大きな金属や自分では運べない金属はどうやって回収してもらえばいいの?

 

 滋賀県で金属回収サービスを行っているリサイクル工場は?

 

【注目サービス】

金属の売却をもっと便利に!

LINE査定宅配買取はコチラ

 

 

 スクラップ関連記事


非鉄金属ってなに?
鉄・鉄屑ってなに?
スクラップってなに?
銅スクラップってなに?
真鍮スクラップってなに?
アルミニウムってなに?
ステンレスってなに?
電線スクラップってなに?
鉛スクラップってなに?
バッテリースクラップってなに?
コモンメタル
ベースメタル
金属買取業者の選び方
金属の売り方
リサイクルショップと金属買取業者の違い
リサイクルショップの開業の仕方
金属買取業者の開業の仕方
古物商について
金属屑業について
使用済み有害機器について
廃棄物の処理及び清掃に関する法律

 環境・SDGs関係の記事を発信しています


3R(スリーアール)
リサイクルとは?
リユースについて
リデュースってなに?
0.SDGsってなに?
1.貧困をなくそう
2.飢餓をゼロに
3.すべての人に健康と福祉を
4.質の高い教育をみんなに
5.ジェンダー平等を実現しよう
6.安全な水とトイレを世界中に
7.エネルギーをみんなに、そしてクリーンに
8.働きがいも経済成長も
9.産業と技術革新の基盤を作ろう
10.人や国の不平等をなくそう
11.住み続けられる街づくりを
12.つくる責任、つかう責任
13.気候変動に具体的な対策を
14.海の豊かさを守ろう
15.陸の豊かさも守ろう
16.平和と公正をすべての人に
17.17のパートナーシップで目標を達成しよう

トップページ

LINE

Twitter

ブログ一覧

 

  この記事について(著者情報)

金属リサイクルの専門家として金属スクラップを取り扱う神田氏と山崎氏が解説しています。

≫神田氏のTwitterリンク

≫山﨑氏のTwitterリンク

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事

今週のアクセス数

  • 2,440,093 人

翻訳: translation

公式Twitter

金属スクラップの最新相場情報

金属スクラップリサイクルブログ、金属スクラップ図鑑、金属買取業者一覧、滋賀県非鉄金属買取の神田重量金属株式会社

環境・SDGs関連の研究

環境問題を研究、金属スクラップ図鑑、金属買取業者一覧、滋賀県非鉄金属買取の神田重量金属株式会社

【法人向け】スクラップ以外の中古機器出張買取

中古機器や不用品の出張買取、金属スクラップ図鑑、金属買取業者一覧、滋賀県非鉄金属買取の神田重量金属株式会社

フレコン・トンバック販売

フレコン販売、中古フレコン買取、スクラップ買取、神田重量金属株式会社、非鉄金属リサイクルブログ

金属図鑑【スクラップなど500種類以上を記載】

属の種類を調べる、金属スクラップ図鑑、金属買取業者一覧、滋賀県非鉄金属買取の神田重量金属株式会社

奈良県金属買取|エフエムメタル

奈良県金属買取のエフエムメタル

非鉄金属の歴史とリサイクルの始まり

非鉄金属の製品用途と国内使用量データ

非鉄金属の属性と国別輸入量データ