1. HOME
  2. ブログ
  3. SDGs関係
  4. 【2021年】バーゼル法改正(古紙)

記事一覧

ブログ

SDGs関係

【2021年】バーゼル法改正(古紙)

 

 バーゼル法・バーゼル条約について説明しています。

 

 

 

 2021年1月、バーゼル法が改正されました

 

バーゼル法(特定有害廃棄物等の輸出入等の規制に関する法律)の

中国古紙輸入に関する規制により、今年2021年01月01日から

「すべての古紙の輸入を全面禁止」とされています。

 

 

 国内の需要供給のバランスが壊れる

 

国内で製品に使用される古紙のリサイクル原料の消費が、

古紙スクラップとして市場から発生する割合が崩れます。

以前までは国内で消費されない古紙は中国を中心にタイやインドネシアへ向けて輸出されており、

その大半が中国であったため、深刻な問題が発生しています。

 

 

 今後も進む古紙の問題

 

日本で発表されている古紙の回収率は50%を超えており、再生率も50%を超えています。

一般的にリサイクルが浸透している代表であり、古紙の再生技術は決して低くありません。

 

社会的にはペーパーレス

新聞や雑誌などで読まれていたコンテンツが置き換わり、現物として使用されなくなりました。

国内で使用される紙製品には、輸入される製品の梱包材などに使用されるものもあります。

今後の古紙の行き先

世界的にもペーパーレスは進んでおり、今後も解消の見込みはありません。

在庫として積みあがる古紙問屋も多く、品質の低い古紙スクラップから埋め立てや焼却などの処分に進んでいくといわれています。

 

トップページ

 

 古紙関連記事はコチラ


 

 環境・SDGs関係の記事はコチラ


3R(スリーアール)
リサイクルとは?
リユースについて
リデュースってなに?
0.SDGsってなに?
1.貧困をなくそう
2.飢餓をゼロに
3.すべての人に健康と福祉を
4.質の高い教育をみんなに
5.ジェンダー平等を実現しよう
6.安全な水とトイレを世界中に
7.エネルギーをみんなに、そしてクリーンに
8.働きがいも経済成長も
9.産業と技術革新の基盤を作ろう
10.人や国の不平等をなくそう
11.住み続けられる街づくりを
12.つくる責任、つかう責任
13.気候変動に具体的な対策を
14.海の豊かさを守ろう
15.陸の豊かさも守ろう
16.平和と公正をすべての人に
17.17のパートナーシップで目標を達成しよう

 

 リサイクル記事はコチラ


古物商について
金属屑業について
使用済み有害機器について
廃棄物の処理及び清掃に関する法律
家電リサイクルについて
非鉄金属ってなに?
鉄・鉄屑ってなに?
スクラップってなに?
銅スクラップってなに?
真鍮スクラップってなに?
アルミニウムってなに?
ステンレスってなに?
電線スクラップってなに?
鉛スクラップってなに?
バッテリースクラップってなに?
コモンメタル
ベースメタル
アームロールってなに?
廃品回収業者ってなに?
軽トラで回収してる業者ってなに?
金属買取業者の選び方
金属の売り方
リサイクルショップと金属買取業者の違い
リサイクルショップの開業の仕方
金属買取業者の開業の仕方
 

トップページ

LINE

Twitter

ブログ一覧

 

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事