1. HOME
  2. ブログ
  3. お客様向け
  4. 海洋資源鉱物

記事一覧

ブログ

お客様向け

海洋資源鉱物

 

 この記事は下記の内容となっております。


 ①なぜ海洋資源鉱物なのか
 ②海洋資源鉱物とはどんなもの
 ③海洋鉱物資源の今後の課題
 ④まとめ

 

 

➀ なぜ海洋資源鉱物なのか

地球上の鉱物資源には限りがあり、いつかは枯渇してしまうかもしれません。また、その資源が新たに発見されたとしても、国と地域によっては紛争の火種になることも考えられます。そこで、日本をはじめ世界各国はまだまだ未知の分野である海底に埋蔵されているであろう豊かな資源に活路を見出し、様々な研究開発が進められてきました。

 特に、元来資源の乏しい地理的環境にある我が国日本では、資源は主に海外からの輸入に依存しており、将来を見据えた経済発展を維持する上で、海洋資源鉱物は重要な次世代の資源として必要不可欠です。幸いにして島国である日本は広大といえる領海、いわゆる排他的経済水域を有していますので、やがては日本経済の生命線なるであろう海洋鉱物資源が日本近海にも豊富に埋蔵されていることが大いに期待されます。

 更に、広大な排他的経済水域を有することは、諸外国の干渉を受ける心配がなく、自由に海洋資源鉱物資源の研究開発が推進できるということであり、日本としてはこのような利点を積極的に活用したいところです。

 それでは、そもそも海洋資源鉱物とはどのようなものなのか。大まかに言えば3種類ありますので、下記の項目で説明しようと思います。

 

② 海洋資源鉱物とはどんなもの

 

 A:マンガン団塊


マンガン団塊は、直径が2~10㎝程度の球形を成し、主に米国のハワイ沖やインド洋などの公海での水深4000~6000mの海洋底の堆積物上に半ば埋没するように賦存しています。含有する金属は主に鉄・マンガンですが、開発の対象となる元素としては銅とニッケルがそれぞれ約1%、コバルトが約0.3%含有しています。

 マンガン団塊の断面を見ますと、中心の核から年輪のような模様があり、核を中心に成長していることが理解できます。成長速度は百万年に1mm程度と非常に遅いのが特徴です。また最近の研究では、1000ppm前後のレアアースが含まれていることが判明しており、海外の研究機関からもレアアースに注目した論文も見受けられるようになりました。

 

 B:海底熱水鉱床


海底熱水鉱床は、地下深部に浸透した海水がマグマ等にとり熱せられ、地殻から有用元素を抽出した「熱水」が海底に噴出し、周辺の海水によって冷却される過程で銅・鉛・亜鉛・金銀等の各種金属が沈殿してできたものです。

 一般に海底熱水鉱床は、日本では沖縄や伊豆小笠原海域など500~3000mの海底に賦存しています。日本周辺海域の海底熱水鉱床は、世界的にも比較的浅い水深に賦存しており、日本にとって開発に有利なようです。

 

 C:コバルトリッチクラスト


コバルトリッチクラストは、北西太平洋域の海底に点在する海山の水深約1000~2500mの山頂部から斜面にかけての岩石を厚さ5~20㎝位のアスファルトで覆ったような形態で賦存しています。海水期限と言われ、その成長速度は極めて遅く、百万年でわずか1~6mm程度だと言われています。化学組成は、マンガン団塊と類似した鉄・マンガンを主成分とする酸化物で、含有するコバルトがマンガン団塊に比べて3倍から5倍程度高い(訳0.9%)のが特徴で、名称の由来になっています。また白金を1ppm(1g/t)前後含むのも特徴で、最近ではレアアースも約2000ppm含まれていることが確認されています。

 このコバルトリッチクラストは80年代初頭に、ドイツの研究グループにより経済的ポテンシャルが期待される資源として最初に注目され、多くの国々が様々な海域で調査を行ったそうです。そのきっかけは、70年代末に勃発したザイール・シャバ紛争を契機とした、世界的なコバルト需給の混乱による価格高騰で、先進諸国にとってその供給源の確保が急務となった事だそうです。

 

③海洋鉱物資源の今後の課題

上記で紹介しました海洋鉱物資源も次世代の資源として期待される一方、やはり海底に埋蔵されていると言う性質上、陸地の鉱山開発とは比較にならない程の困難があります。

 

大まかな例として・・・

 

・資源として評価するための鉱物の量や鉱質、賦存状況を綿密に調査を要する

・海底に埋蔵されている鉱物の賦存状況に応じた採鉱、鉱物の引き上げ作業を容易にする技術開発の必要

・鉱石の特性に応じた鉱物の選別作業や精錬する際の技術開発の必要

・日本の領海以外での鉱物調査を円滑に進めるための交際的な協調体制の構築

・海洋生物の生態系を保護する上での対策の作成

・上記で述べた調査と技術開発を支援するための政府による資金援助

 

④まとめ

今述べた課題をクリアすることができれば、経済発展に欠かせない新たな資源として着目されている海洋鉱物資源の商業生産も、現実的に可能となるでしょう。一刻も早く、日本はもとより、世界各国の海洋資源鉱物の調査・研究開発が円滑に進み、海洋資源鉱物の実用化で持続可能な安定した世界経済の実現が待たれます。

 

≫コチラの記事も読まれています


 

ブログ一覧

リサイクル関連記事


非鉄金属ってなに?
鉄・鉄屑ってなに?
スクラップってなに?
銅スクラップってなに?
真鍮スクラップってなに?
アルミニウムってなに?
ステンレスってなに?
電線スクラップってなに?
鉛スクラップってなに?
バッテリースクラップってなに?
コモンメタル
ベースメタル
アームロールってなに?
廃品回収業者ってなに?
軽トラで回収してる業者ってなに?
金属買取業者の選び方
金属の売り方
リサイクルショップと金属買取業者の違い
リサイクルショップの開業の仕方
金属買取業者の開業の仕方
古物商について
金属屑業について
使用済み有害機器について

 

環境・SDGs関係の記事


3R(スリーアール)
リサイクルとは?
リユースについて
リデュースってなに?
0.SDGsってなに?
1.貧困をなくそう
2.飢餓をゼロに
3.すべての人に健康と福祉を
4.質の高い教育をみんなに
5.ジェンダー平等を実現しよう
6.安全な水とトイレを世界中に
7.エネルギーをみんなに、そしてクリーンに
8.働きがいも経済成長も
9.産業と技術革新の基盤を作ろう
10.人や国の不平等をなくそう
11.住み続けられる街づくりを
12.つくる責任、つかう責任
13.気候変動に具体的な対策を
14.海の豊かさを守ろう
15.陸の豊かさも守ろう
16.平和と公正をすべての人に
17.17のパートナーシップで目標を達成しよう

 

トップページ

LINE

Twitter

ブログ一覧

 

 

  この記事について(著者情報)

 金属リサイクルの専門家として金属スクラップを取り扱う神田氏と山崎氏が解説しています。

≫神田氏のTwitterリンク

≫中の人のTwitterリンク

 

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事

翻訳: translation

本日のアクセス数

  • 447,425 人

公式Twitter

金属スクラップの最新相場情報

金属スクラップリサイクルブログ、金属スクラップ図鑑、金属買取業者一覧、滋賀県非鉄金属買取の神田重量金属株式会社

環境・SDGs関連の研究

環境問題を研究、金属スクラップ図鑑、金属買取業者一覧、滋賀県非鉄金属買取の神田重量金属株式会社

【法人向け】スクラップ以外の中古機器出張買取

中古機器や不用品の出張買取、金属スクラップ図鑑、金属買取業者一覧、滋賀県非鉄金属買取の神田重量金属株式会社

フレコン・トンバック販売

フレコン販売、中古フレコン買取、スクラップ買取、神田重量金属株式会社、非鉄金属リサイクルブログ

金属図鑑【スクラップなど500種類以上を記載】

属の種類を調べる、金属スクラップ図鑑、金属買取業者一覧、滋賀県非鉄金属買取の神田重量金属株式会社

奈良県金属買取|エフエムメタル

奈良県金属買取のエフエムメタル

非鉄金属の歴史とリサイクルの始まり

非鉄金属の製品用途と国内使用量データ

非鉄金属の属性と国別輸入量データ