1. HOME
  2. ブログ
  3. お客様向け
  4. 金属の盗難が増えています【2021年5月】

記事一覧

ブログ

お客様向け

金属の盗難が増えています【2021年5月】

 

 もしかして「金属スクラップ」の買取価格はコチラ

 

 

2021年5月10日現在、金属スクラップの相場が全体的に大幅に上昇しました。
銅スクラップでいえば、10万円の上げにより、建値価格がトン118万円となっております。
過去の相場上昇と盗難の増える割合はある程度比例しており、2005年の1年間で5000件以上・数十億円の被害が発表されています。
今回は実際に被害の多いケースや実例とその予防について解説したいと思います。

 

 

 当ブログ「神田重量金属が運営する非鉄金属リサイクルブログ」が2021年7月8日、NHKのテレビで金属リサイクル記事の内容を多数取り上げて頂きました。

 非鉄金属に関する内容や銅・真鍮に関する専門的な意見として採用頂いています。

 NHKのリンク

 

 

金属相場の上昇で金属の盗難が増えている

 

そもそも、盗難した物(スクラップ)などが、どうやって現金化されているのかについて。

一般的に金属の買受をする際に「古物商」及び「金属屑商」の許認可が必要になりますが、この許認可の取得難易度は低く、基本的に誰でも取得することが可能です。

※岐阜県など、一部の都道府県では「使用済み金属屑商許可」という条例がある場合もあります。

「古物商」及び「金属屑商」で事業を行う際、本来は身分確認やコピー、古物台帳などが必要になってはいますが、実際スクラップ業者へもっていく際に求められたことは少ないと思います。

これは税務的な観点からも、仕入れ先を正確に記載する必要がありますが、今回その件はスルーします。

つまり、身分を隠した状態で盗品を現金にする(売却・換金)が容易であるため、盗難を行う側もハードルが下がってしまっているように感じます。

現実的に当社の付近でも中華系ヤードや日本系ヤードはたくさんございますが、身分確認をしていないケースがほとんどで、それに対する罰則やペナルティも無いため、初めて来られるお客様へ身分確認を求めた際、クレーム?的なお叱りを受けることもございます。

 

 

よくある盗難の実例(金属の種類別)

 

 【鉄くず編】


・道路などに設置されているグレーチング
・資材置き場などに設置している敷鉄板
・工事現場などで保管する資材
・駐車場などに設置している車止めやガードレール
・公園の遊具(滑り台やブランコなど)
・農家などにある農機具や設備

 【銅くず・真鍮・砲金・電線編】


・神社やお寺の屋根の銅板や樋(とゆ・とい)
・建設工事現場
・金属買取業者
・加工工場
・設備屋、電設屋、電装屋、配管工事業者
・公共設備の電線
・解体物件の発生物
・公共設置物本体や蛇口
・太陽光などのソーラー発電所

 【アルミ・ステンレス編】


・グレーチングや側溝
・建築現場や設備
・自動車販売店
・お墓の線香皿【その他金属スクラップ編】
・建設機械や農業用機械
・自動車についているバッテリー
・アルミ付タイヤ、アルミホイール

 

 実際の金属スクラップの相場


2021年5月10日時点での金属スクラップ買取業者視点によるリアルな価格を市場に合わせながら記載しています。

※税込表記・㎏、個当たりの参考価格

鉄くず、ギロチン材

一般価格¥20円~¥40円

ピカ銅、ピカ一号銅線

¥1,100円~¥1,220円

並銅、込銅

¥950円~¥1,100円

真鍮、蛇口、バルブ砲金

¥600円~¥800円

アルミスクラップ

¥100円~¥250円

アルミホイール

¥170円~¥250円

ステンレススクラップ

¥120円~¥180円

自動車バッテリー

¥35円~¥60円

アルミ付タイヤ(本・個)

¥550円~¥2,000円

【参考】

1㎥当たりのピカ銅価格をスクラップ価格に直すとそれだけで100万円になります。また、太めの電線であれば、10メートルもあれば10万円くらいになる場合もあります。

必要・不要に限らずに自身の大切な設備や保管物は資産であり、お金と同じなので、ぜひ盗難対策をご検討ください。

参考リンク:滋賀県・県警のリンクはコチラ

 

 

金属の盗難を予防するために

 

基本的にはチェーンなど鎖などで設備や設置物をしっかりと施錠し、センサーライトやダミーカメラなど安価に設定できるものもありますが、もっともオススメしているのは見えないようにシートなどでわかりにくくする事を勧めています。

最近ではWi-Fiのカメラで簡単にリアルタイムで見れるようなデバイスなどもあり、防止できる方法は無数にあります。

仮に不要になったものを敷地内に置いていても、それが盗難にあえば悲しい話です。

 

 

 

 

 

 SDGs・環境の関連記事


 

 金属リサイクル関連記事


 

  この記事について(著者情報)

 金属リサイクルの専門家として金属スクラップを取り扱う神田氏と山崎氏が解説しています。

≫神田氏のTwitterリンク

≫中の人のTwitterリンク

テレビなど様々な媒体で発信・引用されています。

 

フレコン販売、中古フレコン買取、スクラップ買取、神田重量金属株式会社、非鉄金属リサイクルブログ
  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事

翻訳: translation

本日のアクセス数

  • 447,151 人

公式Twitter

金属スクラップの最新相場情報

金属スクラップリサイクルブログ、金属スクラップ図鑑、金属買取業者一覧、滋賀県非鉄金属買取の神田重量金属株式会社

環境・SDGs関連の研究

環境問題を研究、金属スクラップ図鑑、金属買取業者一覧、滋賀県非鉄金属買取の神田重量金属株式会社

【法人向け】スクラップ以外の中古機器出張買取

中古機器や不用品の出張買取、金属スクラップ図鑑、金属買取業者一覧、滋賀県非鉄金属買取の神田重量金属株式会社

フレコン・トンバック販売

フレコン販売、中古フレコン買取、スクラップ買取、神田重量金属株式会社、非鉄金属リサイクルブログ

金属図鑑【スクラップなど500種類以上を記載】

属の種類を調べる、金属スクラップ図鑑、金属買取業者一覧、滋賀県非鉄金属買取の神田重量金属株式会社

奈良県金属買取|エフエムメタル

奈良県金属買取のエフエムメタル

非鉄金属の歴史とリサイクルの始まり

非鉄金属の製品用途と国内使用量データ

非鉄金属の属性と国別輸入量データ