1. HOME
  2. ブログ
  3. お客様向け
  4. 金属スクラップ業界の2022年予測

記事一覧

ブログ

お客様向け

金属スクラップ業界の2022年予測

 

 【去年】2021年の予測内容はコチラ

 

非鉄金属スクラップの2022年動向は?

こんにちは、神田重量の中の人です。

今年は上がりっぱなしの銅相場が好調で推移した年でした。

1年を通してみれば、スクラップ業者にとって発生薄ではあったもののいい年になったのではないでしょうか?

今年の振り返りは別の記事で記載します。

 

金属スクラップリサイクルブログ、金属スクラップ図鑑、金属買取業者一覧、滋賀県非鉄金属買取の神田重量金属株式会社

 

 来年の金属スクラップ・資源リサイクル業界

 

 金属スクラップ業界

2022年前半は年明けから銅相場は上昇し、上下しながら一段階上を目指していくのではないでしょうか?

・鉄屑は現在ぐらいで高値推移、大きな下落はないと思われます。

・貿易スクラップの輸出緩和と品種アイテムの規制

・発生難が顕著に表れ、相場以上の相場で推移(相対相場)

・コロナがある程度落ち着けば新規プレイヤーが増加(大手も参戦すると予測)

去年の1年平均では100万を超えており、今年はさらに平均価格は上昇するのではないかと考えています。

 

 

 2022年の課題

 

 2022年のキーワードは【スマートムーブ】だと考えます。

 去年のキーワードはBtoBtoCでしたが、今年はそこからさらに横展開していくイメージをもっています。世界の国や企業が推進するSDGsや脱炭素をテーマにした商売への取り組みが必要とされています。

 ≫リサイクル業者のゼロカーボンチャレンジ宣言

 金属リサイクル業界も同様で、ただ「リサイクルをすれば環境にいい」という時代はとっくに通り過ぎており、「どうやって、どうリサイクルするか」「リサイクルするまでにどうするか」ということを考える必要があります。

 その際にすべてのスクラップ業者が共通で容易に取り組める方法がスマートムーブによる脱炭素戦略だと考えます。

 スマートムーブ・スマートヤードに関する記事はコチラ

 ≫金属リサイクルのスマートヤード【金属スクラップ工場】

 ≫スマートムーブとは?脱炭素戦略を策定

 

 今後金属スクラップ業者へ求められる3つのポイント

・一般のお客様との距離を近づけ、今まで以上のユーザーファーストを追求する

・一般向けの引取りや少ロットへの対応を柔軟に行う

・インターネットやSNS、キャッシュレスを活用し、より便利でわかりやすいサービスの提供

 

トップページ

 

 

 お客様向けのリサイクル関係の記事を日々更新しています。

 

 金属 リサイクル 問題点

 

 金属リサイクルのよくある質問

 

 プリンターの処分方法について

 

 家電リサイクルについて

 

 お問合せ案内

 

トップページ

LINE

Twitter

ブログ一覧

 

 定期的にYouTubeを更新しています!

 

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事

翻訳: translation

本日のアクセス数

  • 860,446 人

公式Twitter

金属スクラップの最新相場情報

金属スクラップリサイクルブログ、金属スクラップ図鑑、金属買取業者一覧、滋賀県非鉄金属買取の神田重量金属株式会社

環境・SDGs関連の研究

環境問題を研究、金属スクラップ図鑑、金属買取業者一覧、滋賀県非鉄金属買取の神田重量金属株式会社

【法人向け】スクラップ以外の中古機器出張買取

中古機器や不用品の出張買取、金属スクラップ図鑑、金属買取業者一覧、滋賀県非鉄金属買取の神田重量金属株式会社

フレコン・トンバック販売

フレコン販売、中古フレコン買取、スクラップ買取、神田重量金属株式会社、非鉄金属リサイクルブログ

金属図鑑【スクラップなど500種類以上を記載】

属の種類を調べる、金属スクラップ図鑑、金属買取業者一覧、滋賀県非鉄金属買取の神田重量金属株式会社

奈良県金属買取|エフエムメタル

奈良県金属買取のエフエムメタル

非鉄金属の歴史とリサイクルの始まり

非鉄金属の製品用途と国内使用量データ

非鉄金属の属性と国別輸入量データ