1. HOME
  2. ブログ
  3. お客様向け
  4. スーパーサイクルによる資源相場上昇と製品価格への影響

記事一覧

ブログ

お客様向け

スーパーサイクルによる資源相場上昇と製品価格への影響

 

銅相場・資源相場の上昇とそれに伴う製造業の仕入原価上昇、今後の立ち回りや製品価格転嫁について、経済の行き先、スーパーサイクルから脱線している可能性など、様々な視点から現在の相場を解説します。
今週のニュースでは銅が歴史的な値段をつけたということでHOTな話題で、ブルームバーグの記事でも銅はかなり強気相場であることを強調しています。投資家からの資金流入は止まらないということです。
特に世界的な環境対策や再生可能エネルギー、電気自動車関連インフラへの投資ということで支出が急増し、長期的にはポジションはまだまだ強いと見ています。

 

 

銅相場はすでに過去一番で推移

 

銅相場は過去1年ですでに2倍に値上がりし、日本では5/10現在で1トンあたりの値段が118万円と4/26から10万円も引き上げられています。

このように単価が上がっていくことは素材、銅そのものを扱う業者にとっては単価が上がるので美味しい話と思われるのではないでしょうか?

しかしながら、銅を使って製品を製造するメーカーなどにはかなりのコストがかかる計算ですよね。コストが急増するわけです。

 

メーカーそれぞれ手法があるとは思いますが現時点での急激な銅製品の値上下で対応するところもあれば、すでに在庫で抱えていたもので対応するなど各社によって異なるということです。

その中で今後の立ち回りですがここまで単価が上がっているから下がるだろうという期待はしないほうがせず、相場感覚をチューニングする必要があるかもしれません。

 

銅の需要と製品

 

需給として銅を必要とする機会が先にお伝えしたように電気自動車のインフラで多くを必要とします。

そのため、単価が下がるという可能性は低いと見ています。追加の理由としても銅の生産である、チリでは銅鉱山でストライキが起きているため、これも上げの要因となってきます。

 

統計によれば21年度伸銅品生産量は20年度と比較しても1割強増える見込みですが世界的に必要としているので銅を使って製品を製造するメーカーがかなり負担を強いられる傾向になるかと思いますね。

 

 

 

スーパーサイクルと資源の関係

 

こういった相場の流れはスーパーサイクルといい、2000年代になって新興国経済が急成長する過程で資源が供給不足となり、資源の相場が急騰し、10年以上続くサイクルとして取り上げられました。

しかしながらスーパーサイクルという一言で片付けれるものではないと考えられます。

今回は新興国の急成長ではありませんが、脱炭素というキーワードとエネルギー転換が主な理由になります。

 

 新興国・世界が同じ方向で動き出す


そうなればみんなが同じものを必要とすれば、限りある資源であれば想像がつくと思います。

供給不足となり、単価は上がる。それは脱炭素ということで長期のトレンドである以上、今回の銅も長期で必要になるわけですね。

 

 脱炭素のスタートはパリ協定


脱炭素として世界が動き出したきっかけはパリ協定です。パリ協定は2015年にフランスのパリで採択された気候変動抑制に関する多国間の協定です。

じつはこのパリ協定はスーパーサイクルというものでは収まらないと考えられます。そもそもスーパーサイクルでは周期は10年程度ですがこのパリ協定では将来に対して二酸化炭素などの地球温暖化対策として減らしていく仕組みです。

日本で言えば2045年までにこうしたいということでだいぶ先になります。世界を見ても似たようなものです。

中国で言えば2030年にはすべて電気自動車に替えるという目標があります。アメリカも同様に2045年を想定しています。

つまり今の銅の上昇はスーパーサイクルという一言では片付けられないということです。

 

 

銅相場は今以上の可能性を秘めている

 

今の世界的な状況をスーパーサイクルとして考えるならば、むしろ始まったばかりの相場と言っても過言ではありません。

 

 相場上昇と製品価格転嫁


メーカーからすれば在庫があるうちは単価の変更は無いかもしれませんが、仕入れで現在の1トン110万円から118万円で推移していれば必ず製品に転嫁されると思います。

仕入れの工程でどこかを削ればなんとかなるというものではありません。今回の値上げはそれだけ歴史的な上げであり、対応も早急に迫られています。

実際にどのようにすればいいのかということですが銅についてはこの値段がデフォルトである、ということで行かなければ前の数字に引っ張られると痛い目を見そうですね。

 

 

銅相場の本質的な実態

 

今後は今の相場・単価について、まだ期待のほうが大きいと見ています。

つまり期待に先行して上昇していて、実需がまだ追いついていないというところでしょうか。

ですが、これから確実に来る銅を大量に必要とするときには現実で銅がこれだけ必要ということで期待から現実にシフトしていきます。

そして、現実にシフトしてから今の必要量から再度次の期待に移っていき、上昇サイクルを形成すると思います。

スーパーサイクルとは違い、もっと長期間に渡ってこれが継続することが考えられるので単価は今がピークでは無いと言うことでしょうか。

 

スーパーサイクル×ハイパーサイクル

 

経済としては商品の相場の展開としてここまで大きな動きを形成する展開はありませんでした。脱炭素が長期のトレンドである以上、必要な原材料である銅は上昇が止まらないと思いますね。

最悪、それが嫌なのであれば銅を使わない新しい技術を作り出す、もしくは待つ、銅に変わる素材が出てくる、銅鉱山を開拓する等あります。

それらは現時点では現実的ではない以上、銅の値段が上がっていく様子を、良くも悪くもしっかりと受け入れていきましょう。

 

 

 

 

 

 SDGs・環境の関連記事


 

 金属リサイクル関連記事


 

  この記事について(著者情報)

 金属リサイクルの専門家として金属スクラップを取り扱う神田氏と山崎氏が解説しています。

≫神田氏のTwitterリンク

≫中の人のTwitterリンク

 

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事

翻訳: translation

本日のアクセス数

  • 447,434 人

公式Twitter

金属スクラップの最新相場情報

金属スクラップリサイクルブログ、金属スクラップ図鑑、金属買取業者一覧、滋賀県非鉄金属買取の神田重量金属株式会社

環境・SDGs関連の研究

環境問題を研究、金属スクラップ図鑑、金属買取業者一覧、滋賀県非鉄金属買取の神田重量金属株式会社

【法人向け】スクラップ以外の中古機器出張買取

中古機器や不用品の出張買取、金属スクラップ図鑑、金属買取業者一覧、滋賀県非鉄金属買取の神田重量金属株式会社

フレコン・トンバック販売

フレコン販売、中古フレコン買取、スクラップ買取、神田重量金属株式会社、非鉄金属リサイクルブログ

金属図鑑【スクラップなど500種類以上を記載】

属の種類を調べる、金属スクラップ図鑑、金属買取業者一覧、滋賀県非鉄金属買取の神田重量金属株式会社

奈良県金属買取|エフエムメタル

奈良県金属買取のエフエムメタル

非鉄金属の歴史とリサイクルの始まり

非鉄金属の製品用途と国内使用量データ

非鉄金属の属性と国別輸入量データ