1. HOME
  2. ブログ
  3. SDGs関係
  4. グリーンライフポイント導入へ|制度の概要や対象ジャンルなどを解説

記事一覧

ブログ

SDGs関係

グリーンライフポイント導入へ|制度の概要や対象ジャンルなどを解説

 

環境保全が叫ばれる昨今、私たちは一人ひとりが地球温暖化や環境汚染を防ぐことを意識し、行動しなければなりません。
 
そんな中、環境省は環境に配慮した行動を取った個人にポイントを発行する「グリーンライフポイント」制度を立ち上げることを発表しました。
 
本記事では、グリーンライフポイントの概要や対象ジャンルなどを解説します。

 

 

 

グリーンライフポイントとは

 

グリーンライフポイントとは、2022年4月から始まるエコを促進する制度のことで、環境省が主体となっています。この制度の狙いは、一人ひとりがエコを意識した行動をとるようにライフスタイルの転換を促し、最終的に温室効果ガスの削減につなげていくことです。

 

企業がグリーンライフポイントを発行し、消費者が具体的にどのような行動を取ればポイント付与の対象になるのかや対象商品、上乗せのポイント数などは企業側が提案することになっています。

 

環境省は、企業などに新制度の企画開発費などを補助するため10億円を計上しました。制度の開始までに、企業と消費者両方にメリットをもたらす提案が期待されます。

 

 

ポイントの対象となる5つのジャンル

 

ポイントの対象となるジャンルは、次の5つを想定しています。

 

・食

食品ロス削減を目的として、賞味期限が近い食品を買ったり、飲食店で食べ残しを持ち帰ったりするとポイントの対象となります。また、地産地消の食材を購入することも対象行動の一つです。

 

・衣類

昨今では、まだ着られる服を捨てることや、売れ残った服が大量に廃棄されることが問題になっています。衣服ロス削減に貢献する行動、すなわち服の再利用や服のサブスク(借りる)サービスを利用するとポイントの対象となります。

 

・循環

コンビニやスーパーで、プラスチック製のスプーンやストローの受け取りを断ったり、プラスチック製ではない簡易包装の商品を選んで買ったりするとポイントの対象となります。

 

・住まい

太陽光発電を設置し、再生可能エネルギーによる電気に切り替えたり、高性能な省エネ家電(エアコン・冷蔵庫・テレビなど)に買い替えたりする行動もポイントの対象となります。

 

・移動

移動手段として、カーシェアリングやシェアサイクルの利用することもポイント付与の対象となります。

 

すでにみなさんが実践していることでも、2022年4月からはその行動をするとポイントが付与されるようになります。環境に配慮した行動がポイント獲得につながるなら、家電や車のような大きな買い物をする際はもちろん、日常的にポイントを意識して商品選びをしたくなりますよね。

 

 

 

とくに注目すべき「食」と「循環」について具体例を紹介

続いて、今回の新制度でとくに注目すべき「食」と「循環」について、すでに企業が取り組んでいる事例をご紹介します。企業がどのように温室効果ガスの排出削減やプラスチックごみの削減に貢献しているのか、見ていきましょう。

 

 「食」について


コーヒーチェーンのスターバックスでは、2021年8月から消費期限が迫ったケーキなどを閉店の3時間前から20%引きで販売し、売れ残り防止に取り組んでいます。

 

また、セブンイレブンでは、消費期限間近の商品を電子マネーnanacoで買うと5%分のポイントがもらえる仕組みが導入されています。これは実質の値引きになっているため、環境省は「セブンイレブンのようなポイント還元制度が全国に浸透してほしい」と考えています。

 

 「循環」について


環境省は、コンビニやスーパーで無料でもらえるプラスチック製のスプーンやストロー、またホテルや旅館でもらえる使い捨ての歯ブラシやくしなど12品目の提供を削減するように事業者に求めています。

 

すでにレジ袋が有料になり、スプーンやストローも必要な人にだけ渡すように変化していますね。

 

グリーンライフポイント制度導入後、スプーンなどを断ってポイントがもらえるようになれば、消費者がより積極的にプラスチック削減に貢献するようになるかもしれません。

 

ポイントのもらい方や使い方

グリーンライフポイント制度は、通販サイトやスーパー、家電量販店などですでに運用中のポイント付与の仕組みを活用します。消費者はエコな商品やサービスを購入すると、従来各店舗からもらっていたポイントに上乗せして付与されます。

 

対象商品やサービスのみ上乗せの対象となるので、買い物の際によく確認しましょう。

 

消費者は普段の買い物で気軽にポイントを受け取り、そのポイントを買い物で使うことができます。ポイントをもらうための特別な手続きは不要なため、特別意識しなくてもエコな活動に貢献できそうですね。これは消費者にとって大きなメリットになるでしょう。

 

グリーンライフポイントを積極的に利用しよう!

これからの時代は、個人がエコについて真剣に考え、地球環境を守っていかなければなりません。そのために考案された制度こそが「グリーンライフポイント」です。

 

消費者が気軽に取り組めることと引き換えにポイントがもらえる仕組みなので、導入後はぜひ積極的に利用しましょう。私たちがすることは、いつもより少しだけ「エコ」を気にかけて買い物をするだけです。また、本制度は消費者だけでなく、事業者にも「廃棄物削減」などのメリットがあります。

 

個人の意識が変わることで、消費者が環境へ貢献する企業をさらに応援し、企業も成長するという構造になっていくことが理想だといえるでしょう。

 

 

 

 

 スクラップ関連記事


非鉄金属ってなに?
鉄・鉄屑ってなに?
スクラップってなに?
銅スクラップってなに?
真鍮スクラップってなに?
アルミニウムってなに?
ステンレスってなに?
電線スクラップってなに?
鉛スクラップってなに?
バッテリースクラップってなに?
コモンメタル
ベースメタル
金属買取業者の選び方
金属の売り方
リサイクルショップと金属買取業者の違い
リサイクルショップの開業の仕方
金属買取業者の開業の仕方
古物商について
金属屑業について
使用済み有害機器について
廃棄物の処理及び清掃に関する法律

 

 環境・SDGs関係の記事を発信しています


3R(スリーアール)
リサイクルとは?
リユースについて
リデュースってなに?
0.SDGsってなに?
1.貧困をなくそう
2.飢餓をゼロに
3.すべての人に健康と福祉を
4.質の高い教育をみんなに
5.ジェンダー平等を実現しよう
6.安全な水とトイレを世界中に
7.エネルギーをみんなに、そしてクリーンに
8.働きがいも経済成長も
9.産業と技術革新の基盤を作ろう
10.人や国の不平等をなくそう
11.住み続けられる街づくりを
12.つくる責任、つかう責任
13.気候変動に具体的な対策を
14.海の豊かさを守ろう
15.陸の豊かさも守ろう
16.平和と公正をすべての人に
17.17のパートナーシップで目標を達成しよう

 

トップページ

LINE

Twitter

ブログ一覧

 

 

  この記事について(著者情報)

 金属リサイクルの専門家として金属スクラップを取り扱う神田氏と山崎氏が解説しています。

≫神田氏のTwitterリンク

≫山﨑氏のTwitterリンク

 

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事

翻訳: translation

本日のアクセス数

  • 447,151 人

公式Twitter

金属スクラップの最新相場情報

金属スクラップリサイクルブログ、金属スクラップ図鑑、金属買取業者一覧、滋賀県非鉄金属買取の神田重量金属株式会社

環境・SDGs関連の研究

環境問題を研究、金属スクラップ図鑑、金属買取業者一覧、滋賀県非鉄金属買取の神田重量金属株式会社

【法人向け】スクラップ以外の中古機器出張買取

中古機器や不用品の出張買取、金属スクラップ図鑑、金属買取業者一覧、滋賀県非鉄金属買取の神田重量金属株式会社

フレコン・トンバック販売

フレコン販売、中古フレコン買取、スクラップ買取、神田重量金属株式会社、非鉄金属リサイクルブログ

金属図鑑【スクラップなど500種類以上を記載】

属の種類を調べる、金属スクラップ図鑑、金属買取業者一覧、滋賀県非鉄金属買取の神田重量金属株式会社

奈良県金属買取|エフエムメタル

奈良県金属買取のエフエムメタル

非鉄金属の歴史とリサイクルの始まり

非鉄金属の製品用途と国内使用量データ

非鉄金属の属性と国別輸入量データ