鉄スクラップとは?

 

 もしかして「鉄スクラップ」の買取価格をお探しですか?

 

 

鉄スクラップはリサイクルの目的や再生の工程などにより金属スクラップの材料を検収として分類されています。

金属の種類により、リサイクル方法が異なるため、円滑にリサイクルを進めるための規格です。

 

金属リサイクル工場、鉄屑の取扱、滋賀県金属買取の神田重量金属株式会社

 

鉄スクラップの種類と検収用語

 

新断スクラップ

製品を製造する工場などから発生する鋼板などを加工した後の端材で、価値が高い検収になります。

 

鉄くず:H1

H型鋼鋼矢板鉄筋ボルトなどの肉厚が6ミリ以上あり、製品の炉前規格サイズ以内の鉄スクラップがH1になります。

 

鉄くず:H2

建物の解体工事などから発生する鉄骨や鉄筋などで、長さ1200ミリ以下の肉厚3ミリ~6ミリとされています。

 

ギロチン材A(ギロA)

H型鋼鋼矢板鉄筋ボルトなどの肉厚が6ミリ以上あるもので、切断加工(インサイズ)が必要な物になります。

 

ギロチン材BギロB

建物の解体工事などから発生する鉄骨や鉄筋などで、長さ1200ミリ以下の肉厚3ミリ~6ミリで、切断加工(インサイズ)が必要なものになります。

 

ギロチン材C(ギロC)

スチール棚屋根材など、薄い金属で、切断加工(インサイズ)が必要なものになります。

 

ガス材スクラップ

大型の機械金型などで、一般的に加工(ギロチン加工)されるものでなく、ガス切断による加工が必要な物になります。

※肉厚により、買取価格は大きく変わります。

 

鋼ダライ粉

金属加工の工場から発生する切削くずで、切粉ダライ粉と呼ばれます。

 

鋳物系スクラップ

機械などに使用されている金属で、ものによっては割れてしまったりする金属です。

 

鉄くず(級外)

ジュース缶や鉄ワイヤーなどが中心で、混合されている金属スクラップも該当します。

 

敷鉄板

敷鉄板金属スクラップとしての価値よりも、中古商品として長く価値が担保されています。
基本的には金属スクラップの価格より1.2倍~2倍ほどで中古敷鉄板は買取されています。

 

ドラム缶

原料や飲料などの容器として使用されており、廃棄されるドラム缶や一斗缶が該当します。

※密閉されている場合や、内部に残液がある場合、処理が困難になります。

 

雑品スクラップ

モーター配電盤など、複数の金属で構成されており、鉄スクラップの評価と非鉄金属の評価をするため、通常の鉄スクラップより価格が高い場合が多いです。
 ≫雑品スクラップについて

 

機械・工具スクラップ

旋盤工作機械木工機械鉄鋼機械電動工具手動工具などで、中古商品として貿易向けで可能な場合、価値が高くなります。
主にアジアコンテナで輸出されており、海外にて修理されるため、壊れていても価値が高い場合があります。

 

 鉄スクラップ【検収の種類】


鉄くずの歴史と性質
ヘビー屑とは?
鉄スクラップの種類
 ≫新断スクラップ
 ≫HS(鉄スクラップ)
 ≫H1(鉄スクラップ)
 ≫H2(鉄スクラップ)
 ≫鉄のダライ粉(鋼ダライ)
 ≫Cプレス(スチール缶プレス)
 ≫ギロチン材A(鉄屑)
 ≫ギロチン材B(鉄屑)
 ≫ギロチン材C(鉄屑)
 ≫ガス切り材(鉄屑)
 ≫鋳物スクラップ(鉄屑)
 ≫級外スクラップ(鉄屑)
 ≫ドラム缶(鉄屑)
 ≫建築系スクラップ(鉄屑)
 ≫建設・解体系スクラップ(鉄屑)
 ≫雑品スクラップ
 ≫機械スクラップ
 ≫リフト系スクラップ
 ≫建設機械系スクラップ
 ≫農機具系スクラップ
 ≫工具スクラップ
 ≫一般金属スクラップ
 ≫金属ゴミ
 ≫シュレッダー屑(鉄屑)
 ≫敷鉄板(鉄屑)
 ≫敷鉄板(中古)
 ≫グレーチング(鉄屑)
 ≫錆びた鉄スクラップ(鉄屑)
 ≫鉄スクラップの処分でお困りの場合
 ≫チャンネル材スクラップ
 ≫パチンコ玉(鉄屑)
 ≫ビス屑、ネジ屑、ナット屑、ボルト屑、金属材料
 ≫ワイヤースクラップ(鉄屑)
 ≫自動車系スクラップ
 ≫メッキロール(スクラップ)
 ≫鉄筋屑(スクラップ)
 ≫番線スクラップ(鉄屑)
 ≫輸出系鉄スクラップ
滋賀県の金属スクラップ・リサイクル工場
 ≫一般の家庭から発生する金属スクラップ
 ≫建設系・建物解体から発生する金属スクラップ
 ≫自動車関係から発生する金属スクラップ
 ≫工場や製作所から発生する金属スクラップ
 ≫金属買取業者から発生する金属スクラップ
 ≫公共工事から発生する金属スクラップ

 

鉄スクラップとは?鉄屑の取扱について、滋賀県金属買取の神田重量金属株式会社

 

 関連企業について

 

  この記事について(著者情報)

 金属リサイクルの専門家として金属スクラップを取り扱う神田氏と山崎氏が解説しています。

≫神田氏のTwitterリンク

≫山﨑氏のTwitterリンク