1. HOME
  2. ブログ
  3. SDGs関係
  4. 水素の種類【グリーン水素とブルー水素】

記事一覧

ブログ

SDGs関係

水素の種類【グリーン水素とブルー水素】

 従来のエネルギーは、石炭や石油、天然ガスなどの化石燃料は燃焼させると​二酸化炭素(CO2)を発生しますが、水素エネルギーは燃焼させてもCO2は全く発生しません。​この「CO2発生量がゼロ」であることこそが水素の大きな特長です。  

水素エネルギーの種類

グリーン水素

 グリーン水素とは、水を電気分解することで水素と酸素に還元することで生産される水素エネルギーのことです。

 大気中に酸素を放出することで、環境への悪影響を与えずに水素を利用することが可能で、電気分解を実現するためには電力が必要です。そのためグリーン水素を作るためのフローは、風力や太陽光などの再生可能エネルギーを利用することで副産物としての二酸化炭素を排出させることなく、水素を製造することができます。

ブルー水素

 ブルー水素とは、石炭等や天然ガスや天然ガス等の化石燃料を、蒸気メタン改質や自動熱分解などで水素と二酸化炭素に分解し、二酸化炭素を大気排出する前に回収する方法です。

 二酸化炭素を回収することで、グリーン水素と同様に、温室効果をゼロにすることができますが、通常の資源が必要となります。

グレー水素

 水素を生産するプロセスはブルー水素と同じですが、ブルー水素と違い、二酸化炭素を回収せずそのまま大気中に放出する手法です。

 この方法では、水素の生産過程で気候変動を引き起こしてしまいます。2020年時点で、気候変動に対応するための水素エコノミーに向けては、グレー水素は禁止されていく方向にあります。

イエロー水素

 グリーン水素と同様に水の電気分解によって生産されますが、原子力発電を利用しているため、世界でもあまり普及していません。

 

 グリーン水素エネルギーは、現状生産能力・コスト面でも課題を抱えていますが、世界の気温上昇をに抑えるために不可欠な要素になると見られています。  近年ニュースや新聞で報じられているとおり、二酸化炭素の増加と密接な関係にある地球温暖化が、気候変動や伝染病の蔓延、動物や植物など生態系を狂わせてしまうことが地球規模の問題となっています。

 

滋賀県金属買取の神田重量金属株式会社

 

トップページへ戻る

 

 環境・SDGs関連の記事はコチラ

 

 金属スクラップの関連記事はコチラ

 

 

 

  この記事について(著者情報)

 金属リサイクルの専門家として金属スクラップを取り扱う神田氏と山崎氏が解説しています。

≫神田氏のTwitterリンク ≫中の人のTwitterリンク テレビなど様々な媒体で発信・引用されています。

 

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事

翻訳: translation

本日のアクセス数

  • 860,494 人

公式Twitter

金属スクラップの最新相場情報

金属スクラップリサイクルブログ、金属スクラップ図鑑、金属買取業者一覧、滋賀県非鉄金属買取の神田重量金属株式会社

環境・SDGs関連の研究

環境問題を研究、金属スクラップ図鑑、金属買取業者一覧、滋賀県非鉄金属買取の神田重量金属株式会社

【法人向け】スクラップ以外の中古機器出張買取

中古機器や不用品の出張買取、金属スクラップ図鑑、金属買取業者一覧、滋賀県非鉄金属買取の神田重量金属株式会社

フレコン・トンバック販売

フレコン販売、中古フレコン買取、スクラップ買取、神田重量金属株式会社、非鉄金属リサイクルブログ

金属図鑑【スクラップなど500種類以上を記載】

属の種類を調べる、金属スクラップ図鑑、金属買取業者一覧、滋賀県非鉄金属買取の神田重量金属株式会社

奈良県金属買取|エフエムメタル

奈良県金属買取のエフエムメタル

非鉄金属の歴史とリサイクルの始まり

非鉄金属の製品用途と国内使用量データ

非鉄金属の属性と国別輸入量データ