ハーネス線【自動車ハーネス】

 

電線一覧へ戻る

様々な電線を取扱いしています。

 

自動車ハーネス買取|非鉄金属買取の神田重量金属株式会社

 

ハーネス線(自動車)とは?

ハーネス線とは、自動車やトラックの内部に使用されている電気信号線で、銅の歩留まりは45%~52%が中心となっており、銅としての素材は細い銅線を使用されている。

基本的には貿易向けとして輸出されることが中心だが、国内ナゲット加工向けとしても需要は高いです。

カプラーや電源ボックスなど不純物が多いほど価値は下がります。また、2010年頃から中身が銅ではなく、アルミ線を使用するハーネスもありますので、ご注意ください。

類似した被覆電線スクラップで、「家電ハーネス・弱電ハーネス」というものがある

 


 電線スクラップとは?

 


 お問い合わせはコチラ

 


 便利なサービス一覧

 


 このページを読まれた方はコチラも見ています。

 

 

 リサイクルや環境・SDGs関係の記事を発信しています

 

  この記事について(著者情報)

 金属リサイクルの専門家として金属スクラップを取り扱う神田氏と山崎氏が解説しています。

≫神田氏のTwitterリンク

≫山﨑氏のTwitterリンク