1. HOME
  2. ブログ
  3. お客様向け
  4. 「スクラップ」とは何?

記事一覧

ブログ

お客様向け

「スクラップ」とは何?

 

スクラップ(scrap)とは、主に金属製品からの廃棄物や金属製品の製造過程で発生する廃金属のことを指します。

一般的には鉄くずなどの金属だけでなく、廃車する自動車や古くなった機械などもスクラップとして呼ばれます。

 

 

 解体工事で発生する金属スクラップ

 

 近年では解体工事で発生する金属スクラップは、金属スクラップ業者への売却が容易になったため、解体工事費用から買取価格が差し引かれます(値引き)。

解体工事の見積書では、明細内容に【値引き(金属売却分)】や【有価物買取】として買取金額の概算が明記されています。

 

 解体工事の値引きは北京五輪で一般化した

2006年頃から2008年の北京五輪の時、金属の相場は大幅に上昇しました。

解体工事の内容によっては金属スクラップがあるから解体費用が不要になるという現象もありました。

 

 地域によっては値引きではなく、お客様が売却をする

一部の地域では、解体工事で発生する金属スクラップは、お客様自身で処分・売却を行い、解体工事費用を補填する地域もあります。

 

 

 解体工事で発生する金属スクラップの種類

鉄くず

構造材や柱などに使用されている鉄骨やH鋼などの金属が使用されています。
解体工事で最も発生の多い金属スクラップの種類といえます。

アルミニウム

窓やドアの枠に使用されているサッシはアルミニウムが使用されている場合が多く、解体工事から発生する【非鉄金属】でもっとも発生が多いといえるでしょう。
アルミサッシのほかにも、建材として使用されているアルミは様々で、解体工事の値引きがある場合、必須事項となります。

電線・銅線

解体工事で発生する電線は主に家屋内部の配線として使用されている電線(VA線)などがあります。
電線は、銅とプラの金属スクラップで、非鉄金属の中では高価な金属として評価されます。

一般金属

解体工事で発生する金属に、家屋に使用されている金属とは別に発生するスクラップがあります。
金属が使われている机やキッチン回りの鍋やヤカン、昔のお風呂に使用されているステンレスのフロおけなど、様々です。

 

 業者によっては自社で金属スクラップ会社を運営している

 

 解体工事業者で、自社で金属リサイクル工場を保有している場合があります。

解体工事の際、ワンストップと効率化の面から、解体工事費用が安くなる場合が多いようです。

 

 解体工事と金属リサイクルを行う【彦根サイトメタル(サイト株式会社】

 

 

 解体工事で出る金属の行き先

 

集まった金属スクラップは、破砕・圧縮・切断・溶断・粉砕などの加工がおこなわれ、精錬メーカーや貿易向けに出荷されます。

精錬メーカーは、リサイクルした金属を新たな原料として扱い、製品を製造する工場などへ出荷されます。

 

 

 ≫コチラの記事も読まれています

 

トップページ

 

 SDGs17の関連記事

 

 関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事