アームロールってなに?

 アームロール

アームロール車はダンプのような見た目をしているトラックです。

ダンプのように傾けてダンプアップもでき、ダンプとしての活躍だけではなく、

アームロール車というのは荷台の部分にアームが搭載されていて、必要に応じてそのアームが荷台部分を取り外す事ができるのです。

 

 アームロール車の特徴

主に産廃業者で使われていた車両ですが、近年その利便性から金属買取業者も使用していることが多いです。

現場や工場へ設置して、中身が満タンになれば入れ替える。

荷卸しの際もダンプアップできるので非常に便利です。

免許や資格について

令和2年7月現在では一般的な免許(大型車両なら大型、中型車両なら中型)以外には必要な資格はありません。

ロールオン

ウインチによるワイヤーの巻き上げ、巻き下しで脱着出来るトラックである。

コンテナの形状を変える事により、脱着作業の高さの低い所でも使用が可能である。

細い所から、ワイヤで引きずり出すなど可能である。

 

※追記情報後日記載