1. HOME
  2. ブログ
  3. SDGs関係
  4. カーボンニュートラルとは?

記事一覧

ブログ

SDGs関係

カーボンニュートラルとは?

 

 世界がカーボンニュートラルへ向かっている

日本では2020年10月26日に須賀首相による表明演説で「2050年までに、温室効果ガスの排出を社会全体としてゼロにする、2050年カーボンニュートラル・脱炭素社会の実現を目指す」と宣言しました。

カーボンニュートラルは、EUや中国も宣言しており、世界全体で本格的かつ具体的な脱炭素社会へ向かっている。

 

 

 そもそもカーボンニュートラルってなに?

二酸化炭素の排出大気中の二酸化炭素の吸収によるバランスが取れている状態=カーボンニュートラルとされています。

 

カーボンニュートラルは、日本では国主導による自治体、企業などが提唱しています。

世界的の火力発電を行う国のうち、上位3カ国が大半を占めているが、中国を含むその大半が2050年から2060年までのカーボンニュートラルを宣言しています。

【中国】2060年までに

【日本】2050年までに

 

国による活動だけでなく、日本では東京都、アメリカではニューヨーク州なども2050年までにカーボンニュートラルを目指しています。

 

 

 カーボンリサイクルとは?

地球環境に影響を及ぼすCO2(二酸化炭素)を利用可能な資源して回収を行い、様々な炭素が好物としてリサイクルする概念です。

CO2(二酸化炭素)による地球温暖化が持続可能な社会の実現へ向けたリサイクルの新しい仕組みです。

※炭素組織の素材の事ではありません。

 

エネルギー消費の観点では、リデュースと同じ

脱炭素のために必要なエネルギー消費を抑えることが重要で、

段階的に進む脱炭素社会への実現の初期段階では特に炭素の発生を減らすことが大切です。

 

資源コーディネーター神田重量金属株式会社

 

 ≫コチラの記事も読まれています

 

 

 リサイクルや環境・SDGs関係の記事を発信しています

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事

翻訳: translation